Apr 22, 2008

For Use : in Milan


X Chair


Y Chair


Satyr

photos: courtesy of For Use


オーストリアのウィーンとクロアチアのザグレブで活動するデザイングループ For Use
彼らの2008年の新作がミラノで発表されました。

X ChairとY Chairは、イタリアのMorosoからリリースされました。X Chairの大きな特徴となっているのは、2つの向かいあった三角形が交差したようなフレームです。シートとバックレストの荷重がかかる部分のフォームは、快適な座り心地を実現するために十分な厚みを持たせています。フォーム内部のフレームには曲げ合板を使用し、ボリュームあるクッションをしっかりと支えています。
Y Chairは、横から見るとアームレストがちょうどYの字のようになっています。アームレストに斜めに挿された1本のフレームが、静力学的にイスの構造を向上させています。フレームにはビーチやオークが使われており、とてもスムーズで軽く仕上げられたイスです。
Satyrは、ドイツのClassiConがプロデューサーとなっています。既にソファやアームレストなしのチェアがリリースされており、アームレストつきのラウンジチェアが今年新しくコレクションに加わったことでラインナップが更に充実しました。オットマンとしても利用できるスツールと組み合わせれば、より快適でリラックスした時間を過ごすことができます。

このほかにもFor Useは、ミラノのデザインウィーク期間中に、鏡と照明を使用したインスタレーション Numen-Lightを展示しました。

以前の関連記事はこちらです。
For Use
posted by DL at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Apr 18, 2008

Mick Born


Mrs Bill




Hayman
Co-designer: Stina Sandwall



Line

ストックホルムの市街中心部よりやや西にはずれたBrommaで活動するデザイナーの Mick Born
彼はBergs school of Communicationでビジュアルコミュニケーションを学んでいます。1997年に同校を卒業してからは、Lowe Brindforsといった大手など、いくつかの広告代理店で仕事をしてきました。その後2004年にCarl Malmstens(CTD)に入学し、家具デザインを学びます。2005年には自身のスタジオ Born Office & Studio を設立し、家具デザインとインテリア建築を手がけています。

Mrs Billは、8つのサイズからなるストレージシリーズです。最大の特徴は、扉の上端が外側に反り返っているところにあります。滑らかに湾曲したパネルは、紙をめくるような動作を連想させます。開閉時にすんなりと手がかかるパネルデザインは、取っ手を必要としない優れたアイデアです。すでに製品化が決まっているようですが、詳細はまだ公表されていません。
いくつもの棒を組み合わせたようなコートハンガーのHaymanは、スウェーデンのSMD Designからリリースされています。デザインはStina Sandwallとのコラボレーションによるものです。Haymanにはコートスタンドやウォールハンガーなど4つのバリエーションがあり、材質にはアルミを使用しています。ウォールハンガーは、壁からいくつもの棒が突き出たようなデザインで、個性的なフォルムながら、たくさんのものが掛けられる機能性も兼ね合わせています。
Lineはプロトタイプとなりますが、非常にクリアでストレートなフォルムのイスです。最小限までシェイプと構成要素を削り落としていますが、座面や背もたれにはソフトラバーを使用することで、快適な座り心地を確保しています。

広告の分野では数々の功績を残しているMick Bornですが、家具デザインについては、まだスタートしたばかりです。彼の今後の活躍に期待したいです。
posted by DL at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Apr 16, 2008

Jarl Fernaeus


Bull Chair


Lether Back Chair


Ebb Table


Devo Lamp

デザイナー、アートディレクターとしてストックホルムを拠点に活動する Jarl Fernaeus 。彼はBeckmansで幅広くデザインを学んでおり、自身のレーベルJF Stockholm 、そして、
デザイナーのPeter Malmdinとのコラボレーションによる Paperhead という2つのレーベルでプロダクトデザインを行っています。また、Berghs School of Communications で学んだデザインマネージメントの知識を活かし、コンサルタントやアートディレクションなども行っています。

ローチェアのBull Chair は、脚部にバーチ材を使用し、シートとバックレストにはアルミプレートに革を張ったものを使っています。各部をつなぐボルトがストレートなデザインにアクセントを与え、かつシンプルな構造に寄与しています。Lether Back Chairも同様にレザーとアルミを使用したローチェアです。平面的な材質から3Dの立体物を創造する可能性を探った作品であり、フォルムは50年代のデザインからインスピレーションを得ています。
Ebb tableもまた、いくつかの材質を複合的に組み合わせた家具です。テーブルトップには、デュポン社のコーリアン(R)という人工大理石が使用されています。ebbとは、スウェーデン語でロータイド(干潮)を意味します。干潮時に海底から現れた漂着物を再構築したオブジェクトをEbb Tableはイメージしており、いくつかの部品をきわめてシンプルな構造で組み合わせています。この構造は組み立てと輸送の感略化に大きく貢献しています。接合部や構造は簡素ながら、人工大理石やウォータージェットカットなどの確かな技術が、テーブルにシンプリシティだけではない個性を与えています。
Devo Lampの材質にもコーリアン(R)が使用されています。円筒を分割したようなシェードを可動させることで、ランプ自体のフォルムやシェードからもれる明かりをデザインすることができる大変自由度の高いランプです。
posted by DL at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Apr 14, 2008

PearsonLloyd


Soul


Quilt


Twist


Edge

Luke PearsonとTom Lloydの2人が1997年に結成したデザイナーデュオ PearsonLloyd は、ロンドンをベースに活動しています。
Luke とTomは、共にロンドンのRCAでデザインを学んでおり、2人はそこで出会いました。97年にPearsonLloydを結成するまでの個々の経歴を少し見てみると、Lukeは The Central St.Martins でインダストリアルデザインを学び、その後RCAで家具デザインのMAを取得しています。RCA卒業後は、Ross Lovegroveのデザイン事務所でシニアデザイナーを務め、また自身のプロジェクトも多数手がけました。
Tomは、Nottinghamで家具デザインを学び、RCAではインダストリアルデザインのMAを取得しました。Lukeと同じく93年にRCAを卒業した後は、Daniel Weilのもとでシニアデザイナーを務めています。
1997年に2人はパートナーシップを結び、家具デザインやプロダクトデザインだけでなく、輸送機関や公共施設など幅広い分野のデザインを行っています。
また、2人は共に、スイスのEcole Cantonale d'Art de LausanneやロンドンのRCAで教鞭を執るなど、教育分野でも活躍しています。

Soulは、イギリスのAllermuirという家具メーカーからリリースされているイスです。Soulは、何十年間も引き継がれてきたカンチレバー構造の原型を再解釈することで生まれました。必要最小限まで構成要素を簡略化し、とても軽く快適なイスを実現してます。使用されている部品はリサイクルできるよう全て分解可能になっています。Soulは、IF Product design Awardをはじめ、いくつものアワードを受賞しています。
イタリアのTacchiniから発表されているソファ、Quiltは、チェスターフィールドのスタイルを踏襲しています。伝統的なチェスターフィールドに比べて座面はワイドで低く、全体にモダンにデザインされています。スリムな脚で本体をフロアから持ち上げることで、宙に浮かんでいるような軽快でエレガントな印象を与えています。
Twistテーブルは、スペインのMartinez Oteroという家具メーカーからリリースされています。天板から脚にいたるまで、一続きとなったデザインです。滑らかな曲線を描くフォルムは、テーブルとしてだけではなく、オブジェクトのような美しさを生み出しています。TwistもSoul同様にIF Product design Awardやその他いくつかのアワードを受賞しています。
とてもスリムでシンプルなデスク Edgeは、デンマークのDanerkaから2007年に発表されています。Edgeは、ダイニングテーブルやカフェテーブルとしてだけでなく、オプションの整理棚や衝立をセットしてワーキングデスクとしても使用することが出来ます。天板はベニヤやガラスがラインナップしています。Edgeは2008年のRed Dot Awardを受賞しました。


posted by DL at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Apr 02, 2008

Valvomo Architects


Oka


Glowblow Big Floor Lamp


Crater photo by Joe Carlson


Soundwave Mesh

フィンランドのヘルシンキをベースとする建築デザインスタジオのValvomo Architects
1993年に設立されたValvomoでは、現在7人の建築家とデザイナーが活動しています。スタジオが手がけるのは、建築デザインからインテリア、プロダクトデザインと幅広く、クライアントもヨーロッパだけでなくアメリカや日本と広範囲にわたります。近年ではモスクワのミュージアムやオフィス、レストランなど多くのプロジェクトに携わっています。
2007年にはニューヨークで開催した展示会を成功させ、Valvomoは、より国際的なデザインスタジオへとその認知度を高めつつあります。

Okaは、フィンランドのInnoというメーカーからリリースされているコートラックです。ポールから木の枝のように6つのフックが伸びています。スタンド式のラックもあるのですが、特徴的なのは天井から吊り下げるタイプのものです。2.5mのワイヤーは、天井高が3m近くあるスペースでも十分に使用することができます。
スウェーデンのDavid Designから発表されているGlowblowは、ナイロン製のシェードを持つランプコレクションです。スイッチを入れると、シェードが風船のように膨らみ始めます。ライトが点いているいる時には球体のシェードとなりますが、スイッチを切るとシェードが再度しぼみ、その時々で異なる表情を見せます。
Craterは、インドアとアウトドアのどちらにもセットできるベンチです。材質には100%リサイクル可能なポリエチレンを使用しています。ポリエチレン製なので大変軽いのですが、裏側にスチールフレームを通しているので、十分な強度を持っています。クライアントはアメリカのPeter Pepper Productsというメーカーです。
SoundwaveはスウェーデンのOFFECCTが開発した音響パネルシリーズです。Meshはシリーズに新たに加わったデザインです。Soundwaveパネルは室内のノイズや音の反響を吸収する材質からできています。Meshのユニークな点は、通常のパネルのように四角形ではないところにあります。パネルの組み合わせにより、曲線を描いた壁や天井にもフィットします。Valvomoは、いくつかのSoundwaveパネルをデザインしています。
posted by DL at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。