Jun 08, 2007

Studio JSPR


Plastic Fantastic






Cover Tiles

デザイナーのJasper van Grootel によって2005年に設立された Studio JSPR は、オランダ南部のEindhovenをベースに活動しています。(Eindhovenというと、以前に紹介した Jo Meesters の活動拠点でもあります。Jasperもまた、Joと同様に the Design Academy Eindhoven の卒業生です。)
現在では4人のデザイナーと数名のスタッフがチームを構成し、それぞれの個性をプロジェクトに活かしています。それ故に、Studio JSPRはインテリアデザインから作品の製作まで、様々なフィールドで活躍します。
Plastic Fantastic は、特殊なSoft Skin Rubberという素材をコーティングしたガーデンファーニチャーシリーズです。特殊コーティングを施すことにより、どのような天候にも強く、屋外での使用が可能になりました。ロココ調のクラシカルデザインと鮮やかなカラーの組合せが斬新で独特な雰囲気を出しています。カラーも10色以上から選ぶことができ、イス以外にもテーブルやランプなどが用意されています。最近ではオランダのMarieuxとのコラボレーションにより、Swarovskiが埋め込まれたものがラインナップに加わりました。
お湯や水の通り道である浴室のパイプは、通常は壁の内部に隠されているか、もしくはむき出しになっています。Cover Tilesは、そのどちらでもなく中間に位置します。様々な形状のタイルとパイプを組み合わせることにより、オリジナリティの高いシャワールームをデザインすることができます。パイプを完全に隠してしまうのではなく、それ自体をデザインに組み込むというユニークな発想によって、全く新しい印象の浴室が完成します。タイルのカラーはブラックとホワイトの2色があります。
posted by DL at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jun 04, 2007

Studio / Louise Campbell


Prince Chair


Collage


Honesty


Fatso

コペンハーゲンで活動するデザイナー、 Louise Campbell はデンマーク人の父とイギリス人の母を持ちます。彼女はイギリスのthe London Collage of Furniture を卒業すると、デンマークに戻り、Denmarks Design Schoolでインダストリアルデザインを学びます。1995年に学校を卒業し、翌年の1996年にはStudio/Louise Campbellを設立しました。
Louise Campbellの作品は遊び心があり、実験的でもあります。日常のオブジェクトやシチュエーションに、素材や高い製造技術を織り込んでゆく彼女の手法は、近年ますます高い評価を得ています。スカンジナビアの合理主義と女性特有の感性、彼女の持つ2つの文化などが組み合わさり、Louise Campbellの作品は固有の魅力を放ちます。
Prince Chairは、デンマーク皇太子のためのイスをデザインするコンペへの参加作品です。皇太子のコントラストに満ちた生活がPrince Chairにインスピレーションを与えています。座面のレースのモチーフはアンティーク調ですが、そのレースは高度な技術によって実現しています。イスを構成する材質にもスチールとラバーという対照的な素材が用いられています。残念ながらコンペでの入賞はかなわなかったものの、デンマークのHay社が近年商品化しリリースました。
3層のレーザーカットによるシェードから成るCollageは、シンプルな楕円の抽象的な組合せにより、独特な明かりと影を空間に演出します。ランプは、森林のなかで幾枚もの葉や木々を通して光が大地に降り注ぐ様子にインスパイアされています。Collageはペンダントだけでなくフロアーランプもルイスポールセンにより発売されています。
Fatsoは2004年にLouise Campbellがルイスポールセンの展覧会"Light Studies"のためにワンオフで製作したものです。シェードは約2cmの厚みがあり、中には桜のつぼみやルイスポールセンの工場で出たアルミの削りカスなど様々なものがパッケージされています。
posted by DL at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

May 30, 2007

Alexander Taylor


Tall Tank


Twin


Kids-Rock


Butterfly

"&fork"というデザインブックの中で、Tom Dixonらのキュレーターにより注目のデザイナーとして選ばれている Alexander Taylor は、ロンドンの東南、ヨーロッパ大陸に程近いDealという街で活動しています。
彼はNottingham Trent University でデザインを学んだ後に、ロンドンのデザインスタジオ、Procter:Rihl に入ります。その後2002年、独立し自身のデザインスタジオを立ち上げました。
以来Alexander Taylorは、100% Design London やミラノサローネといった国際的な展示会に多数参加し、高い評価を得ています。2005年にはElle DecoのYoung Designer of the Year と Best in Lighting を受賞しました。近年では彼のデザインした Fold Lights がMoMAのパーマネントコレクションに選ばれました。
Tall TankとTwinはAlexander Taylorの最新作です。Tall TankはペンダントランプとしてデザインされたTankのフロアランプ版です。シェードはアルミを折り曲げ形成され、そのラインはキャタピラーを連想させます。シンプルなベースとステムの組合せがミニマルな美しさを強調します。
Butterflyは蝶のような複雑な形をした無数のベースにガラスの天板が組み合わせられます。2006年に発表されたButterflyはChicago Athenaeum MuseumからGood Design Awardを贈られています。
posted by DL at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

May 29, 2007

iannone:design


Green:Mod Cork Credenza


Graphic Armoire


Signature 2.0 Graphic Console


Mod Lodge Sideboad

アメリカ、フィラデルフィアをベースとする iannone:design 。その前身は2004年にMichael Iannone と James Sandersonの2人によって設立された iannone:sanderson というデザインスタジオです。彼らの最初のコレクションは2004年、ニューヨークでのICFFでデビューを飾りました。後の2006年、Jamesは、建築のキャリアに邁進するためにスタジオを離れました。2007年からはスタジオ名を iannone:designと改め、今年のICFFにも参加しています。
iannone:designは主に木製のキャビネットをデザインしていますが、その家具はデザインだけではなく環境などにも配慮したエコフレンドリーというポリシーを持っています。
キャビネットのドアには、モロコシ(ソルガム)の茎を再利用したものを使っており、接着剤はシックホームの原因ともいわれているホルムアルデヒトを含有していないものを使用しています。合板などに使われているバーチ材も過剰な森林伐採によるものではなく、FSC(Forest Stewardship Council)という森林管理協議会によって認証を受けているものです。キャビネットに使用されている白色のラミネートも米国の環境基準であるGREENGUARD認定を受けた材質を使用しています。
様々な環境破壊が問題視されている中で、デザインにも優れ環境への負担も配慮するiannone:designの製品は、安心して使用することができます。また、エコフレンドリーなポリシーは、家具を通して環境問題を考えるきっかけを与えてくれます。
posted by DL at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

May 21, 2007

WOWBOW


Mija Dog Bed


Mija Dog Dining Table





街で犬を連れているかたをよくみかけるようになりました。カフェなどの飲食店でもペット可のところやペットが主役の店も目立ちます。当然ペット用品を扱う店舗も増え、カラーやデザインへの注目や要望も年々高まっています。
イギリス、ロンドンのWOWBOWもまた、ハイエンドなペットファーニチャーのニーズに応えるメーカーのひとつです。クリエイティブディレクターでもある Kim Bull によって設立されたWOWBOWは2004年の100% Design London展で最初のコレクションを発表しました。以来、各国から高い評価を得ています。
WOWBOWは主に犬とネコ用品をデザインしています。メインコレクションであるMijaラインは犬用ベッドとテーブルで、10mm厚のアクリルを材質とします。Dog Bedのアクリルとクッションのカラーは多数用意されているので、様々な組合せを楽しめます。サイズは3種類。Dining Tableもサイズ、カラー共に数種類が用意されています。
ハンドメイドで作られるMija Dog Bedは£599(≒¥144,000)〜、Mija Dog Dining Tableは£159(≒¥38,000)〜。
Mijaというコレクション名は救助された一匹の犬に由来します。MijaはWOWBOWの犬用製品の全てをテストし、モデルとしても活躍しています。
ネコ用にも10mmのアクリルとクッション、ファーを使用したLoulie Cat Towerというベッドや、壁にマウントする爪研ぎが発表されています。
デザインに優れ、高級感の漂うWOWBOWは、ペット用品にオリジナリティやインテリアへの調和を求めるかたにお薦めです。
posted by DL at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。