Feb 26, 2007

Hans J. Wegner




CH24

CH008

CH445

ちょうどひと月前の2007年1月26日、デンマークの家具デザイナー Hans J. Wegner (ハンス J. ウェグナー)氏が亡くなられました。彼は1940年から500種以上のイスをデザインし、数々の国際的な賞を受けています。中でも誰もが知る代表作といえるのが CH24 通称Yチェアとよばれるものでしょうか。CH24はウェグナーが1949年に Carl Hansen & Son 社のためにデザインした最初のチェアです。その背もたれの形状からYチェア、もしくはウィッシュボーンチェアなどとも呼ばれています。美しい曲線と木材のぬくもりが北欧デザインらしい逸品です。日本でも大変人気のあるイスで Carl Hansen & Son 社が生産する約25%を日本への輸出が占めています。もちろん本国デンマークでの消費が一番多く、その生産量の約50%を占めます。ウェグナーの代表作にはCH24のほかにもCH07(スリー・レッグド・シェルチェア)やCH20(エルボーチェア)などシンプルで曲線が美しいものが多いです。またイス以外にテーブルも秀逸なデザインを多く残しています。20世紀を代表する偉大なデザイナーは永眠されましたが、彼のデザインした家具は今後も長く世界各国で愛され続けるでしょう。北欧らしい木製家具は部屋の雰囲気をあたたかくし、ダイニングなどにも最適です。お部屋が少し無機質だなと感じたら、巨匠の作品をコーディネートに入れてみてはいかがでしょうか。日本でのウェグナー作品の取扱いは Carl Hansen & Son Japan K.K.になります。
posted by DL at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Feb 07, 2007

studio bility




Fairy/Tale(Butterfly) bookshelf

Inner Beauty



Flower Chair

北大西洋に浮かぶ人口約30万人の島国、アイスランド。多くの人がアイスランドと聞いて思い浮かべるのがミュージシャンであるbjork (ビョーク) でしょうか。アイスランドのインテリアデザインで注目したいのはデザイナーの Gudrun Lilja Gunnlaugsdóttir を筆頭に3人のクリエーターからなる studio bility です。彼らはウォータージェットカットやレーザーカットという技術を使ってプライウッドやステンレスという素材に様々な意匠を描きだします。彼らの最新作である Fairy/Tale bookshelf は光を受けることにより、壁に美しい蝶の影が映し出され、幻想的なイメージを抱かせます。このほかにも、花や蝶をモチーフとしたものや、オリジナリティの高いデザインを数多く発表しています。国際的な見本市にも積極的に参加しており、アイスランドを代表するデザインチームのひとつとして今後の活躍が期待されます。
posted by DL at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Feb 02, 2007

IKEA in Stockholm







今日では日本でもおなじみのIKEA。どの様なお店かということは、もはや説明不要だと思いますが、もともとは1943年にスウェーデンで創業したお店です。世界33ヶ国に進出しているので海外での滞在経験があるかたにはIKEAをよく利用した、というかたも多いのではないでしょうか。店舗のある国々ではIKEAは広く人々の生活に浸透しています。それだけに日本での出店を待ち望んでいたかたも多いはず。しかし、実はかなり前に一度イケア(英語圏ではアイケア、アイキア)は日本進出をしていました。ただ諸事情からすぐに撤退となってしまいます。当時はD.I.Y.での家具があまり受け入れられなかっのかもしれませんね。今回の再進出では規模や商品の価格も諸外国並み(もちろんホットドッグもあります。)となり、売り場兼倉庫というシステムやD.I.Y.の家具もすんなり受け入れられているようです。
下の2枚はストックホルムの街並みです。この季節のストックホルムは日も短く寒いです。天候がよくても路面の雪や車のバンパーから垂れるつららが溶けないこともあります。陽のあたらない路地は除雪もされておらず歩きづらいので、この季節にストックホルムの街を散策するかたはくれぐれも滑りにくく歩きやすい靴でお出かけください。
posted by DL at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jan 31, 2007

GAM plus FRATESI


BUTTERFLY sofa bed


LACE CHAIR


”LUISA” chaiselounge

デンマーク人のStine Gamとイタリア人のEnrico Fratesiからなるデザインデュオ、GAMplusFRATESI。イタリアで出会った彼らはGAMplusFRATESIを立ち上げ、数々のコンペティションでの入賞重ねています。また昨今では"ICFF 06 NewYork"や"IMM Cologne 2006" その他数々の国際的な展示会に出展するなど、精力的な活動を行っています。 ”Butterfly”sofa bedは2005年に行われたSoftline社主催のコンペ入賞作です。背もたれ部と角の4辺が可動式になっていて、好みの形状にすることができます。Lace Chair は先進技術のグラスファイバー製シェルに伝統技術の美しいレースを組み合わせることで独特のテイストを醸し出しています。写真下の”Luisa”chaiseloungeはレーザーカットが施されたフェルトを2枚のアクリルでサンドウィッチするという構造で、アクリルの質感とは相反して見た目には暖かいぬくもりを感じることができます。このほかにも2人の異なるバックグラウンドを生かした素晴らしい作品を数々発表しています。今後の活躍が期待されるデザインチームです。

posted by DL at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

Jan 25, 2007

JPN Collection by J.M.Ferrero





バレンシアを拠点に活動するスペイン人デザイナー、Jose Manuel FerreroによるJPN Collection。近年のトレンドでもあるレーザーカットでフラワーモチーフが描かれていて、光を受けるとカッティングを透して美しい陰影が楽しめるのが特徴。選択肢の少ないガーデンファニチャーに一石を投じるデザインは、バルコニーでのブランチやコーヒーブレイクに彩りを与え、素敵な時間が過ごせそうです。材質はメタル製。gems co., ltd.
posted by DL at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | furniture

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。