Aug 25, 2009

IVANAhelsinki : S/S 2010 Leaving Circus









photos: Shoji Fujii

ヘルシンキのIVANAhelinkiによるS/S 2010のニューコレクション Leaving Circus が、Copenhagen Fashion Week 期間中の8/7に発表されました。

2010年の春夏コレクションとなる今回のLeaving Circusは、ドットがモチーフとなっており、コレクションのいたるところに大小のドットが散りばめられています。一見してそれとはわからないほど大きなドットからマイクロドットまで、多種多様な水玉模様はいかにも春夏コレクションらしく、爽快な印象を与えます。
また、今回のコレクションのもうひとつのモチーフとなっているのが馬です。アニマルプリントはIVANAhelsinkiの得意とするところであり、彼女のコレクションには必ずといってよいほどアニマルプリントが登場しますが、今回のコレクションでは、テキスタイルに大きく馬の頭をプリントしたものや、無数の馬を規則的にリピートさせたパターンなどフォークロアな北欧テイストに溢れるテキスタイルが見られました。

今回のLeaving Circusコレクションは8/31〜9/30までの間、東京のフェリーラインターナショナル本社でも公開される予定です。


以前の関連記事はこちらです。
IVANAhelsinki


Kiitos Pirjo for keeping me updated!!
posted by DL at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

Jun 08, 2009

Fokus Fabrik


Katve


Katve, green


Koneisto


cushion covers Honka, Kative, Vilske

テキスタイルパターンを手がけるヘルシンキのFokus Fabrik は、the University of Art and Design Helsinkiでデザインを学んだTiia Eronen と Eeva Heikkinen、スウェーデンのthe Swedish School of Textiles in Boras を卒業した Laura Jarvelainen と Hanna Kerman の4人のフィンランド人デザイナーよって2005年に設立されました。

彼らは美しさというものにこだわりを持ち、特に身の回りにある美しさにインスピレーションを得ています。彼らは草花や木々といった自然物だけではなく、建物や道路など都会の人工物にも目を向け、それらをミックスしたものを、"urban nature"と呼んでいます。このコンセプトは、ビル群と葉の生い茂る木を重ね合わせたKatveや、建造物一面に花々が咲くVilskeというパターンに見ることができます。
また、コンテナヤードに見られるクレーンをリピートさせたFuusioや、細かな枝花でフロックを描くMystikaなど、人工物や草木などの自然物それぞれをモチーフとしたパターンでも、Fokus Fabrikならではの美的センスを発揮しています。

Fokus Fabrikのテキスタイルは、オーガニックコットンと麻の混紡にフィンランドでプリントしています。これは彼らがデザインと環境問題を妥協せず両立させるために選んだ方法であり、パターンも流行に左右されないものを選んでいます。
2006年にスタートしたFokus Fabrikのテキスタイルコレクションは、2007年の東京や2008年のミラノ、NYなどこれまでに各地の展示会で発表されました。これらのコレクションはスタートから間もなく高い評価を得ており、Good Design 2008のTextiles部門にも入賞しています。
posted by DL at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

Jun 03, 2009

Kvadrat Showroom


Copenhagen Showroom
by Ronan & Erwan Bouroullec, 2009
(c)Paul Tahon, Ronan & Erwan Bouroullec



(c)Paul Tahon, Ronan & Erwan Bouroullec


London Showroom
by Peter Saville and David Adjaye, 2009



Milan Showroom by Alfredo Haeberli, 2007

デンマークのテキスタイルメーカー Kvadrat が、5/15にコペンハーゲンに新しいショールームをオープンさせました。

ショールームのインテリアデザインは、Ronan & Erwan Bouroullecが手がけています。彼らは2006年にストックホルムのショールームをデザインし、以来、Kvadratとは深い関わりを持っています。ストックホルムショールームのために開発した North Tiles は、その後、新製品のCloudsへと発展し、コペンハーゲンのショールームにもCloudsは大きくインストールされています。
ショールームは白を基調とし、大きな窓からの採光によって明るく広々としたスペースになっています。インテリアには、新作の Quilt やSteelwood などBouroullec兄弟による作品が配され、什器にはナチュラルな木素材が多用されています。Steelwoodが並ぶワークスペースはオープンスタイルで、ボックスタイプのパーティションは背が低く、その他のスペースと空間的なつながりを持たせています。

ヨーロッパをはじめ各地にショールームを構えるKvadratですが、2006年から各国のデザイナーとのコラボレーションによりショールームをデザイン、オープンしています。
これはテキスタイルメーカーであるKvadratが、デザインと密接に関わってゆくというコミットメントを具体的な行動として表したものであり、画一的なショールームにはない様々なデザイナーや建築家の自由な表現こそ、より重要であると考えるKvadratの姿勢を反映したものでもあります。
これまでに2006年にBourollec兄弟がストックホルムショールームを、2007年にAlfredo Haeberliがミラノショールームをデザインしています。2009年の3月にロンドンに新しくオープンしたショールームは、グラフィックデザイナーでありアートディレクターのPeter Savilleと建築家のDavid Adjayeが手がけました。


以前の関連記事はこちらです。
Ronan & Erwan Bouroullec : Clouds
posted by DL at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

Mar 27, 2009

SMIK


Laser Public 80


Kitivity 40


Pixelducks


Plastic Origami, Eighties pillow

スウェーデンとオーストリアを拠点とする新鋭テキスタイルメーカーのSMIK
SMIKは、2007年にLinda Dahlstrom とElisabeth Auer の2人によって設立され、2008年より本格的に製品のプロデュースを開始しました。SMIKが取り扱うのはテキスタイルとWall Printというインテリア用のステッカーです。彼らは在庫を持たず、オンデマンドでオーダーを製品化するという方式をとっており、これによりカラーやサイズといた細かなリクエストに応えています。

SMIKの最初のコレクションとなったのが、南アメリカ出身のClaudia Caceres によるTales of Science Fiction というシリーズです。3Dグラフィックやピクセルアートをベースにしたコレクションは、力強い幾何学模様や文字通りSFを連想させるインベーダーをモチーフにしています。
Wall Printは、壁や天井などの平面に貼り付けるステッカーですが、既存のものよりも大判なのが特徴で、レディーメイドのものは、142x100cm程の大きさがあります。ステッカーには剥がしてものりが残らないタイプのものを使用しており、インストールも簡単なので壁紙や額縁などに代わるデコレーションの選択肢としてインテリアの幅を拡げます。
テキスタイルは環境に優しいインクを使用して、デジタルプリントされています。生地はキャンパス地やレース地を選ぶことができ、プリントのカラーバリエーションも豊富です。
また、このほかにもSMIKでは、Design Your Own というサイズやカラーのフルオーダーや自分のデザインをプリントすることができるオンデマンドならではのサービスを、テキスタイル、ステッカー共に提供しています。

これらのコレクションは、2009年のHeimtextil Frankfurt でも発表され、来場者からの高い評判を得ました。
現在SMIKは、ウィーンのWalking Chair Galleryで SMIK: INVADED SPACES という展示を6/12まで行っています。
posted by DL at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

Feb 27, 2009

IVANAhelsinki : F/W 2009-10 Star Rain









photos: Shoji Fujii

ヘルシンキのファッションデザイナー Paola Suhonen によるIVANAhelsinkiの2009/10の秋冬コレクションが2/4〜2/8に開催されたCopenhagen Fashion Week期間中に発表されました。
IVANAhelsinkiは2/5にショーを行いましたが、その時のランウェイの様子が届きましたので紹介します。

2009/10秋冬コレクションは、Star Rainと名づけられており、星をテーマとした60以上の作品がライブ音楽と共にキャットウォークで発表されました。テキスタイルに立体的な星をあしらったワンピースや星型にカットしたメタルプレートをぶらさげたスカート、星型のスタッズなど、コレクションのいたるところに星が散りばめられています。また、プリント柄のテキスタイルには、StarRain、StripeStar、ScopionSkyという3種類のパターンが見られ、それぞれ数種類のカラーバリエーションがワンピースやスカートなどに用いられました。
コレクションには、ゆったりとしたショルダーに絞り込んだウェストと50年代風のスタイルを連想させるものが多くみられ、また、全体としては、着やすく都会の若い女性にアピールするコレクションとなりました。


以前の関連記事はこちらです。
IVANAhelsinki : new products for Itella
IVANAhelsinki


Pirjo, thanks for keeping me updated!
posted by DL at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | textile

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。