Aug 22, 2007

Hiroshi Kawano DESIGN


Bloom Lamp


Viola Lamp  撮影:机宏典


Virka rug  撮影:机宏典


Baby Diamond Lamp  撮影:机宏典

Hiroshi Kawano DESIGNの川野 博 氏は、スウェーデンと日本をまたにかけて活動する若き日本人デザイナーです。川野氏は、大学卒業後に一度会社員として数年間を過ごしましたが、後の2003年に多摩美術大学に入学しデザインを学びました。在学中の2004年からは、フリーランスのデザイナーとして活動しています。
2006年の6月から、川野氏はスウェーデン人のテキスタイルデザイナー Sara Berner とコラボレーションを開始しました。2007年には、彼女とのコラボレーションによる作品を多数発表しています。スタイルの全く異なるSaraとの作業は新しい発見の連続で、可能性を感じていると川野氏は言います。
スウェーデン人デザイナーと日本人デザイナーという特異な組合せにもかかわらず、彼らの作品は、国境やジャンルを越えて2人の持ち味を活かした違和感のないデザインにまとまっています。
パートナーのSara Bernerについて簡単に紹介すると、彼女はもともとハンドドローイングを多用した、オーガニックなスタイルを得意とするテキスタイルデザイナーです。2006年のStockholm Furniture Fairで発表した作品は、多数の人々の注目を集め、ヨーロッパのメーカーから製品化が決定しています。

Bloom Lampは川野氏が、Saraとのコラボレーション以前に単独で発表したペンダントランプです。Bloom Lampは、幾層にも重なった柔らかいポリエチレンの円が垂れ下がり、独特なフォルムのシェードを作り出しています。
Bloom Lampは現在ドイツのボンにあるギャラリー、E105(www.e105.de)に6/16〜8/25まで展示されています。展示はVieleKapitane und das Schiff Steigt Auf den Berg(船頭多くして、船山に登る)というもので、川野氏の他にも日本に影響を受けたデザイナーやアーティストが参加しています。
Viola Lamp、 Virka Rag、 Baby Diamond Lamp はともに川野氏とSaraのコラボレーションによる作品です。この他にも同様の円形で構成されたゴミ箱、Viola Waste Binがあります。これら4作品は、それぞれ異なる素材を使用していますが、全てひと続きの円からなる板状構造をしており、フラットにすることができます。2人の全く違ったテイストが新しいコンセプトを生み出し、統一感のある作品群に仕上がっています。

川野氏とSaraによる作品はStockholm Furniture Fairにも参加しており、各方面から高い評価を得ています。また、川野氏はスウェーデン、ストックホルムののデザイン事務所Gong Gong Design でインテリアデザイナーを務めるなどグローバルにその活動の幅を拡げています。ボーダーレスに活動する日本の若きデザイナーに期待がかかります。

posted by DL at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Aug 21, 2007

Buro Vormkrijgers


Woofer


R Series


Prefab Design


Therese

All items are:
designed by Sander Mulder & Dave Keune, Buro Vormkrijgers
photographed by Raoul Kramer

オランダ南部に位置する街、Eindhoven。多くの学生がデザインを学ぶthe Design Academy Eindhovenがあまりにも有名な街ですが、そのEindhovenでデザインスタジオ Buro Vormkrijgers は活動します。
Buro Vormkrijgersは、Sander Mulder と Dave Keune の2人のデザイナーによって設立されました。スタジオはファーニチャーデザインやプロダクトデザインを手がけるほかに、Dutch Design Week期間中に開催される展示会Lift-OffをFrederik Roijeと共に主宰するなど、若手ダッチデザイナーのプロモートにも努めています。
Sander Mulder と Dave Keuneはともにthe Design Academy Eindhovenでデザインを学んでいます。2人は、在学中にインターンとしてデザインスタジオで経験を積んでいますが、Sanderは、松下電器産業によるヨーロッパ市場向けブランドのTechnicsとPanasonicの大阪でのプロジェクトにインターンとして参加しています。

一見ぞっとするような犬型のWooferは、犬の頭部にスピーカーを埋め込んだものです。グロテスクなオブジェクトに機能を追加することで、新しい価値を生み出し、間違いだと思われるものを正しいと思わせるものに変化させています。Buro Vormkrijgersは、Wooferを実用性を持つキッチュと表現しています。
Prefab Designは、DIYで簡単に組み立てることができる家具です。イスやデスク、カップボードが用意されています。プラモデルのような木製のシートから部品を切り離し、自由にペイントして組み立てます。子供用のイスは、2本のネジとわずかな接着剤を使用し、5ステップで組み立てることができます。日曜大工の感覚で簡単に家具ができあがるキットです。
透明な樹脂をシャンデリアにみたてたライトThereseは、特別なバルブを使用して、ほのかな明かりを灯します。材質にはPMMA(ポリメチルメタクルレート)という光ファイバにも使用されているアクリル樹脂を使い、CNC旋盤の技術で複雑なシャンデリアを再現しています。バルブを通して、ライト全体がうっすらとひかる様子は幻想的です。

まだ日本で取り上げられる機会の少ないBuro Vormkrijgersですが、彼らの独自のテイストに注目が集まる日も遠くないという気がします。
posted by DL at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Aug 16, 2007

BY:AMT


Diamond Ring, Silver


Diamond Ring, Acrylic

InsideOut


Me-ror

デザイナーの Alissia Melka-Teichroew によって設立されたBY:AMT 。創設者でありディレクターのAlissiaは、ALISSIAmt Design のデザイナーとして広く知られています。
彼女はフランス人の母とアメリカ人の父を持ちますが、オランダで育ち、教育を受けました。Design Academy Eindhovenを2000年に卒業すると、アメリカのRhode Island School of Designでインダストリアルデザインを学びました。
2001年から2004年までは、オランダでALISSIA Desinとして活動をはじめましたが、2005年からはNYでALISSIAmt Designをスタートさせました。その間にデザインコンサルタントのIDEOや、PUMAでの仕事をしていますが、現在は自身のプロジェクトに専念しています。

2003年にデザインされ、2004年にミラノサローネで発表されたDiamond Ring Silverは、典型的なダイアモンドリングのシルエットのみをそのままリングにしたものです。クリアで一見してそれとわかるデザインは、Alissiaらしい洗練されていて、ウィットに富んだ作品です。2005年にはICFFでアクリル版のリングが発表されました。こちらはカラフルで、よりポップな印象を受けます。
どのリングも様々な幅が用意されていますが、そこには彼女のメッセージが隠されています。最も薄い2mmというものは、結婚のもろさやはかなさを暗示し、最も太い25mmのものには、自分のダイヤは他人のものよりも大きいという、人々の競争心への皮肉がこめられています。
InsideOutは、2003年にデザインされた二重構造のグラスです。シンプルなグラスに飲み物を注ぐと、そのなかに別のグラスのシルエットが浮かびます。見た目のユニークさだけでなく、二重構造には、飲み物がぬるくなりにくいという利点もあります。
InsideOutは、ICFFでの発表以来4年の歳月を経てようやくCharles&Marieにより2007年に製品化されました。
少し変わった鏡面部をもつ手鏡のMe-ror。ガラスの本体にセットされるのは、小さく限られた面を持つ鏡です。鏡には何が映り、クリアなガラスを通しては何が見えるのかを問いかけます。こちらも製品化が決定しています。

オランダ人のデザイナーにはDesign Academy Eindhovenでデザインを学ぶひとが本当に多いです。Alissiaもそのつながりは密であると言っています。以前に紹介したWAT designとのコラボレーションも、そのような繋がりから実現しています。

Thank you Alissia!!
I'm totally thankful for your contribution!

以前の関連記事はこちらになります。
WAT design
posted by DL at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Aug 06, 2007

Arne Quinze : preview at Abitare Il Tempo


Stilt-Houses


Experience Truck


Experience Truck


Bond

先日紹介したデザインスタジオ Quinze & Milan のベルギー人デザイナーArne Quinze が、イタリアのベローナで開催される Abitare Il Tempo という展覧会に参加するとの知らせをもらいました。

今回のArne Quinzeの展示は、MUTAGENESISと名づけられ、Abitare Il Tempo の会場で4,000m2という規模で行われます。テーマとなるmutagenesisとは、変異発生といような意の遺伝子学的な専門用語です。MUTAGENESISでは、知覚レベルを超えた時間と場所の持つ遺伝情報の変化を表現しています。展示では、その大きな構造として、現代と未来の人工物をテーマに取り上げています。
現代の人工物は、Arne Quinzeの生活様式に対するヴィジョンを如実に反映しています。オブジェや家、そして乗り物など展示されるすべてのものが、彼の考えや特徴をあらわしています。
未来の人工物では、時間を超えた未来的な構造を表現しています。それらは大自然の終わること無い変異と同様のものであり、そのフォルムは、時間と場所を超越したごく小さなDNAの変質を再現したものです。
MUTAGENESISのインスタレーションを通してArne Quinzeは、彼の考える未来のかたちを具現化しています。

Abitare Il Tempoについて少し紹介すると、2007年は9/20〜9/24の会期でイタリアのベローナで開催されるインテリアトレードショーです。イタリアでの家具見本市というとミラノサローネがまず頭に浮かびますが、Abitare Il Tempoは、20年以上続く見本市で、小規模ながらそのクオリティーはサローネ同様に高い評価を得ています。
今回のArne Quinzeによる展示は、2006年から始まった、リサーチプロジェクトのゲストデザイナーとしての特別展示です。

Thanks for the information Tom!


以前の関連記事はこちらになります。
Quinze & Milan
posted by DL at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Aug 01, 2007

Studio MWD


LOCO Chair


Saint B


Diava


Inverse Container

ロシアのモスクワを拠点とする Studio MWD(MANWORKS Design)は、2006年に設立されたばかりのデザインスタジオです。代表を務めるSergey Mozheyko とデザイナーの Yaroslav Rassadin を中心として活動しています。
Studio MWDは、インダストリアルデザインやグラフィックデザイン、コンサルティングなど幅広いサービスを手がけます。彼らはプロジェクトに取り組む際に、リサーチ・デザイン・ソリューションという3段階のシンプルなコンセプトに基づき行動します。そこから生まれる作品は、オリジナルであり、正確な技術を誇ります。

クロスペンダントのよな風貌をしたmp3プレイヤーのSaint B。Studio MWDは、このmp3プレイヤーをオーディオ機器というだけでなく、クリスチャンのシンボルとしての十字架と同様の位置づけをしています。同時に彼らは、クロスを模ったプレイヤーでどの様な音楽を聴いても良いのか、この種の機器が宗教上のシンボルでありえるのか、などという問題を提起しています。
Saint Bはプロトタイプとして製作されたものですが、かなりの詳細まで決まってきているので、商品化が期待されます。
Diavaは、クリアとカラーの2種類のガラスから成るテーブルランプです。この作品は、フィンランド人デザイナーのHarry Koskinenがデザインした、ブロックランプへのオマージュです。Diavaランプは、2006年にロシアで開催された、ArtemideとEuropian Institute of Design主催のライトデザインコンテストで2等に入賞しています。
2007年の彼らの新作がInverse Containerです。スプーンとフォークの柄の中には塩と胡椒がセットされています。コンセプトモデルなので実用性はさておき、おもしろいアイデアの作品です。

ロシアンデザインというと、日本ではまだまだ馴染みがうすいのですが、今後も経済発展が見込まれるビッグマーケットのロシアです。まだまだこれから素晴らしいデザインが生み出されると予想します。
posted by DL at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。