Nov 16, 2007

Feeladdicted : New Products


SamePaperPlayAgain




Dista T500

フランスのリヨンで活動するデザイナーの Clement Eloy から新しいデザインの情報が入りましたので紹介します。
彼はFeeladdictedというレーベルを持ち、フリーランスで活動する若手のインダストリアルデザイナーです。

Clement Eloyは実用的でユニークなデザインを得意としますが、SamePaperPlayAgainもまた、彼らしい作品です。今回はリサイクルという点に焦点をあてています。どうしても深刻で退屈になりがちなリサイクルを楽しみながら行おうというコンセプトです。紙くずをサッカーのように蹴飛ばしたり、バスケットボールのように投げ入れたり、遊び感覚できちんとリサイクルが行えます。
Dista T500は、フランスの大手スポーツチェーン Decathlon からリリースされた万歩計です。製品化ということでClementらしいウィットは鳴りを潜めたデザインですが、ディスプレイに45度のアングルをつけ視認性を高めるなど実用性に優れたデザインです。
このほかにもDecathlonからはモジュラーバッグを今秋にリリースしています。

以前の関連記事はこちらになります。
Feeladdected
posted by DL at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | design

Oct 31, 2007

Studio Dror


Pick Chair


Footwear


Champagne Glass


Vase of Phases

イスラエル出身のデザイナー Dror Benshetrit が2002年にニューヨークで設立したデザインスタジオの Studio Dror
スタジオでは、プロダクトデザインから建築、アートディレクションまで幅広く手がけています。クライアントにはドイツのRosenthal、イタリアのBBB、オーストリアのSwarovskiなど世界各国の有名メーカーが名を連ねます。
デザイナーのDror Benshetritは、オランダの the Design Academy Eindhoven やイスラエルのテルアビブでデザインを学んでいます。彼は新しい素材や技術、シェープに焦点をあて、デザインへのインスピレーションを提案します。彼のデザインセンスは各国で高い評価を得ており、著名な出版物にも多数とりあげられています。

Pick Chairは、イスとウォールマウントのオブジェとしての2つの役割を果たします。壁にかけられたオブジェは4分割されており、折り曲げてゆくとイスに変形します。Pick Chairは、空間を最大限に利用する目的と2Dから3Dのオブジェクトへの変形からインスピレーションを得ています。美的要素と機能性を組み合わせるという、DrorのヴィジョンがPick Chairに表れています。
Studio Drorは、2007年に新しく立ち上がったシューズブランド Skins のディレクションを手がけました。パッケージングやディスプレイなどブランドのアイデンティティ形成に深く携わっています。
Champagne GlassとVase of PhasesはともにRosenthalから発表されています。Champagne Glassは2005年にミラノで開かれたSurfaceマガジンのディナーパーティーのためにデザインされました。
Vase of Phasesは、Drorの清らかさやダメージ、変形への反芻に基づいています。花瓶は実際に砕けたものから型を取っています。Vase of Phasesは、ドイツやイスラエルの美術館のパーマネントコレクションとして収蔵されています。また、2006年にはiF Product Design Awardに入賞しました。

Dror Benshetritは、ICFFをはじめ数々の展示会に参加しています。日本では、2003年の東京デザイナーズブロックに参加しました。また、ボンベイサファイアのグラスコンペでRon Aradや、
Patricia Urquiolaらと審査員を務めたり、NYのデザインエージェント Culture & Commerce ではPhilippe StarckやMarcel Wndersらと名を連ねるなど、幅広い分野で近年目覚しい活躍ぶりを見せています。
posted by DL at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Oct 25, 2007

Quinze & Milan : Gallery 113



ベルギーを代表するデザイナー Arne quinze のデザインスタジオ Quinze & Milan の事務所が新たにギャラリー Gallery 113を併設してオープンします。10/26にオープニングパーティーが開かれ、Arneがガイドを務めます。ショールームにはMorosoの作品が展示されるため、Patrizia Moroso も会場に姿を現しインタビューに応じます。

ギャラリーとオフィスの総面積は10,000M2ほどで、スタジオやショウルームのほかにも60名以上に対応するワーキングスペースを確保しています。ギャラリーのネーミングはKortrijkにある建物の住所からきているようです。

家具デザインだけではなく彫刻やオブジェなどアート性の高い作品を多く発表しているArne quinzeですが、その作品のいくつかがGallery 113に展示されます。

以前の関連記事はこちらになります。
Quinze & Milan
posted by DL at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Oct 01, 2007

Katrin Olina


41st Montreux Jazz Festival Poster 2007


Forest of Trees designed by
Michael Young and Katrin Olina



Katrin Olina for Fornarina Summer 2007


Katrin-Olina ltd Editions Snowboards

アイスランド生まれのデザイナーでありアーティストである Katrin Olina Petursdottir は、現在、香港を拠点に活動しています。
Katrin Olinaは、パリのESDI(現Creapole)でインダストリアルデザインを学びました。その後はパリのPhilippe StarkやロンドンのRoss Lovegroveのスタジオに入ります。1998年から2005年まではMichael Youngのスタジオに加わり、彼とのコラボレーションで、コートスタンド、Forest of TreesをSwedeseから発表しました。Michael Youngは、仕事上のパートナーであり、プライベートでは彼女の夫でもあります。

Katrin Olinaの新作のひとつが、スイスのモントルーで開かれた 41st Montreux Jazz Festivalのポスターです。40年の歴史を持つこのフェスティバルに、Katrin Olinaの前衛的なグラフィックという意外な組合せですが、フェスティバルの前進し続けるという目標、エネルギーと彼女のイラストがうまくマッチしていると評されています。
Katrin Olinaは、Fornarinaとのコラボレーション作品を2006年、2007年と発表しています。スニーカーやバッグ、洋服などのグラフィックを手がけています。Fornarinaはイタリアのカジュアルブランドですが、彼女のイラストがポップでファッショナブルなブランドイメージと良く合っています。
2006年から彼女は自身のレーベルで作品を発表しています。コレクションはスカーフや陶器など様々ですが、中でも特異なのがスノーボードとヘルメットです。オーストリアのElan Colorsurf System によって製作され、レイキャビクのギャラリー i8 に展示されました。彼女のキャラクターであるNocやゴースト達がスノーボードをキャンバスにモノクロや多彩なカラーで描かれています。

Katrin Olinaは、独特の世界観を持ったグラフィックアートをベースに、イラストレーションだけではなく、ファッションやスポーツといった分野にも意欲的に取り組んでいます。近年ではMichael Youngと共に店舗などのインテリアデザインも多数手がけています。
posted by DL at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | design

Sep 12, 2007

Marc Newson


Coast Table & Chair


Dish Doctor


Dom Perignon by Marc Newson


Spaceplane 2007

オーストラリア、シドニー出身のデザイナー Marc Newson 。現在はロンドンにオフィスを構え、活動しています。
marcは、オーストラリアのSydney College of the Artsでジュエリーや彫刻を学んでいます。学生時代から家具の製作を始め、卒業後には、Australian Crafts Councilから助成金を受け、シドニーのギャラリーで展示を行いました。
1987年から1991年までは東京で活動し、アジアやヨーロッパを中心に広く作品を発表しています。その後、日本からフランスに移り、パリにスタジオを設立しました。ヨーロッパでは、CappelliniやMoroso、Flosなど大手メーカーのデザインを引き受けています。また、1994年には、Ikepodという時計メーカーをスイス人のOliver Ikeとともに立ち上げます。時計のデザインは彼が幼い頃からチャレンジしてみたいと思っていたオブジェクトのひとつだといいます。
1997年からは、ロンドンに移り、より幅広くデザインやプロジェクトを手がけるオフィスを設立しました。ロンドンでは、さらに多くのクライアントを抱え、インテリアデザインなどにも力を注いでいます。2004年からオーストラリアのカンタス航空のコミッションを受け、航空機のインテリアやラウンジのデザインを手がけています。2007年には、シドニーとメルボルン空港にあるカンタス航空ファーストクラスラウンジのインテリアをデザインしました。

Coast Table & ChairとDish Doctorは、ともにMagisから発表されています。Dish Doctorは1998年にデザインされたものですが、10年近く経った現在においても全く古さを感じさせないフォルムで、今でも人気のあるデザインです。
Dom Perignon by Marc Newsonは、2006年にMarcがデザインしたドン・ペリニヨンのワインクーラーです。伝統的なボトルのシェープを踏襲しながらも、彼らしい鮮やかなカラーリングでポップなイメージに仕上がっています。
Spaceplane 2007は、6月に公開されたばかりの新しいプロジェクトです。EADS Astriumの宇宙飛行用シャトルのデザインをMarcが担当しています。室内の無数のハンドルは無重力飛行時に備えたものです。室内のシートをはじめとするインテリアは、近未来的なフォルムを得意とするMarcらしいデザインとカラーでまとまっています。機体の外装も内装同様にグレーとイエローにカラーリングされています。

過去にTIMEマガジンによる、世界で最も影響力のある100人にも選ばれている、デザイナーのMarc Newson 。彼のデザインは家具や日用品にとどまらず、自動車やジェット機といったものまで、実に多岐に渡ります。まだ40代前半という若さにもかかわらず、Marc Newsonは、その溢れる才能で世界のデザインシーンをリードしています。
posted by DL at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | design

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。