Apr 07, 2008

MOBITEX 2008




DESIGNSTORY




4x30

photos by Petr Novotny

チェコの家具見本市 MOBITEX 2008 が、3/26〜3/30までの会期でBrnoにあるトレードセンターで開催されました。
MOBITEXは、インテリア家具や子供用家具の見本市で、チェコで開催されるものとしては、大規模なものの部類に入ります。十数ヶ国から215の企業が参加し、65,000以上の人々が訪れました。(来場者は、トレードセンターで同時に開催されたいくつかの見本市の合算)
2008年MOBITEXには、ゲストデザイナーとしてフランスからThibault Desombreが招かれ、レクチャーなどを行いました。

MOBITEXの大きな見所ともいえるプロジェクトのひとつが、学生や若手デザイナーの展示スペースである DESIGNSTORY です。会場には、ゲストデザイナーのThibault DesombreがデザインしたMama Lightや、Finn、Tessなどの作品が同時に展示されました。DESIGNSTORYは、今年で5回目となる展示で、毎年テーマが与えられます。2008年のテーマは、lightingとdecorationsでした。そして、このテーマの基本的な要素となるのが、子供の視点からみた家具やリビングです。今年はチェコやスロヴァキア、フランスから21の学校がこのプロジェクトに参加しました。
DESIGNSTORYとテーマを同じくするプ関連プロジェクトに、4x30という展示があります。4x30は、30m2の子供部屋を若手の建築家がデザインするというもので、4つの異なるテイストを持った部屋が会場にディスプレイされました。

この他にもMOBITEXでは、最新デジタル技術とインテリアデザインの調和を提案するTechnoligy&Designやワンランク上のインテリアに焦点をあてたDesign4life、ガーデンファーニチャーやグリーンを用いて居住空間としてのガーデンを提案するGarden4lifeなど、多様なプログラムが開催され来場者を魅了しました。
posted by DL at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Apr 03, 2008

FLOWmarket


photo by Niclas Jessen


photo by Niclas Jessen


photo by Niclas Jessen


photo by Lars Norman

デンマークのコペンハーゲンにあるDanish Design Centre(DDC)で2005年から開催されている常設展のひとつに、FLOWmarket というものがあります。

FLOWmarketは、2004年にデザイナーのMads Hagstroem が始めた、サステナビリティとデザイン、コマーシャリズムに焦点をあてたプロジェクトです。
FLOWmarketに展示されているのは、様々なメッセージが書かれたシンプルなパッケージの数々です。作品はスーパーの商品陳列のように展示されおり、来訪者は実際にそのパッケージ(中身は入っていません。)を買うことができます。
FLOWmarketの核となる商品コレクションは、近年みられる個々と集合体、そして環境の不均衡というものを明文化し、具現化したものです。消費者(来訪者)が、その商品を手に取ることで生活や消費活動、思考などを一連のつながりとして捉えることを目的としています。パッケージは無地に黒字のプリントとシンプルですが、ユーモラスで啓蒙的なメッセージは大変インパクトがあります。

陳列されているパッケージはペットボトルから紙パック、キャニスターまで数十種類に及びます。
商品はDDCのほかにFLOWmarketのオンラインストアでも購入することができます。

以前の関連記事はこちらです。
Danish Design Centre
posted by DL at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Mar 17, 2008

Design Match 2008




Kapka desgned by Jiri Lastovicka


Axiome designed by Thomas Feichtner


Konev Neo designed by Roman Sedina

チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、オーストリアの4ヶ国のデザインを展示するビエンナーレ、Design Match 2008 が3/13から始まりました。

Design Match の開催は、今回で2回目となります。2006年に開催された前回は、チェコとスロヴァキアの2ヶ国での開催でしたが、第2回目となる今回は、ハンガリーとオーストリアが加わり、中・東欧4ヶ国、120のデザイナーの作品が展示されます。展示は、順次開催国を移動する巡回展のかたちをとっており、チェコのプラハからスタートし、スロヴァキア、ハンガリー、オーストリアと1年を通して巡回してゆきます。ハンガリーのブダペストではBudapest Design Weekの一環として展示が開催される予定です。

チェコをはじめとする中・東欧諸国のデザインを、様々な活動を通して広めることを目的としたDesign Matchですが、今回の大きなテーマとなっているのが、1800年代後期から1900年代初頭に栄えたハプスブルク帝国です。オーストリアとハンガリーの統合にもみられるヨーロッパ諸国による中・東欧統合の歴史と、今回のDesign Matchのテーマは深い関わりを持っています。
Design Matchは、歴史的背景や文化そして伝統などで深い関連を持つ近隣諸国がデザインを通して友好的に競い合う、大変興味深いデザインイベントです。

上の画像は参加作品の一部です。
posted by DL at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Mar 05, 2008

David Trubridge : window display




Materieres a Cultiver (c) M.Boure

先日取り上げたニュージーランドの家具デザイナー David Trubridge から、最新の展示情報が届きましたので紹介したいと思います。

現在パリのデパート Printemps(プランタン)では、David Trubridgeのランプを使用したウィンドウディスプレイを見ることが出来ます。ディスプレイはファッションデザイナーのStellaMcCartneyとLanvinとのコラボレーションによるもので、鏡とマネキンを効果的に使用しています。鏡によってオブジェクトのシェイプや質量が拡散し、増幅する効果をディスプレイは表現しています。
David Trubridgeのランプは、昨年にロンドンのTop Shop がケイト・モスのコレクションを始めた際にもディスプレイに使用されています。

また、David Trubridgeは、現在パリのポンピドゥーセンターでの展示と、フランスのNPO団体のVIAによるMaterieres aCultiver というマテリアルに焦点をあてた展示に参加しています。
彼のオーガニックで自然を意識したデザインは、ニュージーランドだけでなく、ヨーロッパをはじめとする世界中で高い注目を浴びています。

4月にはミラノで新しいインスタレーションを行うということなので、そちらも楽しみです。

以前の関連記事はこちらです。
David Trubridge
posted by DL at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Feb 28, 2008

Stockholm Furniture Fair 2008 : vol.3


Designboom Mart
photo by Magnus skoglof



Press Room
photo by Magnus skoglof



Press Room
photo by Magnus skoglof


Stockholm Furniture Fair 2008についてはすでに何度か 取り上げているのですが、会場 の模様をもう少しだけ追加します。

Designboom Martは、GreenhouseやNorthern Light Fairなどと並ぶ、今年のStockholm Furniture Fairのハイライトのひとつです。
Designboomはミラノをベースとした、デザイン情報を幅広く発信するウェブサイトで、読者はイタリアだけでなく世界中に及びます。そのDesignboomが主催するDesignboom Martは、デザイナーが作品やプロトタイプを展示即売する場です。Designboom Martは、過去にニューヨークやパリ、昨年は東京でも開催されています。ストックホルムでの開催は今回が初めてとなりますが、多くの来場者を集めたようです。Designboom MartもGreenhouse同様に、若手のデザイナーやクリエーターにとって、自分の作品をアピールし売り込む恰好の場となっています。また、来場者にとっては、デザイナーと直接話をする良い機会となります。

プレスルームは、取材関連者用のワークステーションなので一般の来場者は入ることが出来ないのですが、今回のフェアではこちらもきちんとオーガナイズされました。プレスルームにセットされたのは、ストックホルムのデザインスタジオ FORM US WITH LOVE によるイスやテーブルです。彼らは新鋭スタジオながら高い評価をえており、デザインウィーク期間中にストックホルムのNKデパートでもConstructiveという展示を行いました。

以前の関連記事はこちらになります。
Stockholm Furniture Fair 2008
Stockholm Furniture Fair 2008 : vol.2
FORM US WITH LOVE : Constructive
posted by DL at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。