Oct 10, 2007

Designblok '07









10月の第1週、10/2〜10/7までの会期でチェコのプラハでDesignblok というデザインウィークが開催されました。
今年で9回目となるDesignblokですが、1999年の開催以来年々その規模を拡大してきました。今年は60のスポットで177ものプログラムが開催され、25,000人のひとびとがイベントを訪れたと見積もられています。

数あるプログラムが工場跡地のSuperstudio会場で開催されましたが、Designblokでは、ファーニチャーデザインやプロダクトデザインだけではなく、ファッションにも重点が置かれています。チェコのファッションデザイナーだけではなく、日本からは菱沼良樹 氏がパフォーマンスを披露しました。
Designblokは、過去にも多数の著名プロダクトデザイナーをゲストとしていますが今年は、Konstantin Grcic、Werner Aisslinger をゲストに招き、トークショーを行いました。またMagisオーナーのAlberto Perazzaによるレクチャーも催されました。
Design Marketというプログラムでは、若手のデザイナーによる家具やアクセサリー、洋服などの作品が安価で出品されました。気に入った作品に対価を支払うということは、駆け出しのデザイナーにとっては大きな経済支援やリサーチにつながるので、こういったイベントが各地でもっと開催されるとよいと思います。
その他、様々な展示やショーが期間中に開催され、Superstudioだけでも12,000人の集客という盛況のうちに7日、Designblokは幕を閉じました。

下2枚の画像はオープニングセレモニーで行われたMuset Fashion Design によるファッションショーの様子。今年のDesignblokのテーマはTour de Designとなっており、スキーヤーと雄大な風景がヴィジュアルキャラクターとなっています。セレモニーのファッションショーでもスキーヤーが宙を舞っています。
中欧諸国のEU加盟は年々進んでおり、近年では、かつてよりも西ヨーロッパとの人や情報の交流が盛んになってきています。今後、中・東欧諸国のデザインシーンが注目されるのは間違いないように思います。
posted by DL at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Oct 04, 2007

Designhet 2007 - Design: not by chance




The 2007 Hungarian Design Awards


Helvetica award ceremony and exhibition


FISE 25

10月は中・東欧でのデザインイベントが多数開催されます。ウィーンの VIENNA DESIGN WEEKs に続き、今回はハンガリー・ブダペストのデザインイベント Designhet 2007 Design:not by chance を紹介します。

Designhetは、the Hungarian Design Councilの支援により運営され、10/8〜10/14のイベント期間中には、ブダペスト中で80以上のプログラムが開催されます。
デザインウィークのメインイベントして、第28回となる the 2007 Hungarian Design Awards 入賞者が表彰されます。アワードは、プロダクトデザイン・ビジュアルコミュニケーション・コンセプト・スチューデントワークという4つのカテゴリーに分けられ、今年は222の応募から11の作品が選ばれました。
若手デザイナーを広く紹介するのは、Pilot Routeというプログラムです。ハンガリーのデザイン学校の新卒生の85作品がブダペスト市内の60以上のショップなどに展示されます。
今年はHelvetica(ヘルベチカ)の誕生50周年ということを受けて、 the Society of Hungarian Graphic Designers and Typographers 、その他のグラフィック団体の主催によりグラフィックデザインやタイポグラフィーの展示が行われます。ヘルベチカは1957年にスイスで生まれた英数字のフォントで、日本を含め世界各国で幅広く使用されています。プログラムでは、ヘルベチカのドキュメンタリーの監督 Gary Hustwit による講義やフィルムの上映なども行われます。
他にも、FISE という若手アーティストやデザイナーを支援する団体の25周年を記念した展示や、フィンランドのLahti Design Instituteによる展示など興味深いプログラムが多く開催されます。

Designhetでは、多種多様のプログラムが用意されています。プロダクトデザインだけではなく、タイポグラフィーの展示やファッションショーなども開催されます。また、周辺国のデザイナーが展示を行うなど、ハンガリーだけではなく広いエリアやジャンルのデザイン全般を楽しむことが出来るイベントになっています。

以前の関連記事はこちらになります。
VIENNA DESIGN WEEKs
posted by DL at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Oct 03, 2007

No Windmills, Cheese or Tulips : Preview


Still Life photo by Maurice Scheltens

Design Tide に参加予定のオランダ勢のインスタレーション No Windmills, Cheese or Tulips (NWCoT)。先日、概要をお伝えしましたが、各国向けプレスリリースに先駆けて新たな画像が1枚送られてきましたので、紹介します。
Still LifeはNWCoTの中心ともいえる展示になるそうです。

まだまだ詳細情報が入ってくる予定です。届き次第、アップしていきたいと思います。

Thanks Margo and Maarten!

以前の関連記事はこちらになります。
No Windmills, Cheese or Tulips
posted by DL at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Oct 03, 2007

Chris Kabel : Show 01-07





オランダ・ロッテルダムの Chris Kabel が現在 VIVID Gallery(ロッテルダム)で Show 01-07 という展示を行っています。
Chris Kabelの現在までの作品がメインとなるようですが、新作のボール紙を使用したキャビネットや、Droog DesignがTU Delft(デルフト工科大学)と共に10年以上取り組んでいるDry Techという技術を用いた作品も展示されるようです。
画像は展示会のプレスリリースです。

Show 01-07

9/30 - 11/18
at VIVID Gallery in Rotterdam
www.vividvormgeving.nl

以前の関連記事はこちらになります。
Chris Kabel
posted by DL at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Sep 28, 2007

VIENNA DESIGN WEEKs




Polka Chair by POLKA
(c) POLKA



Rocking-Chair by Rainer Mutsch
(c) Rainer Mutsch



Joker Ceramic Vase by Nicole Aebischer
(c) B&B Italia


デザインイベントというと、北欧や西欧を主流とする向きがありますが、中・東欧も負けてはいません。10月に入ると、中・東欧諸国でもデザインイベントが多数開催されます。その中でも今回はオーストリアのウィーンで開催される VIENNA DESIGN WEEKs を紹介します。

VIENNA DESIGN WEEKsは、2007年から新たに始まったデザインイベントです。今年は第一回となり、今後は毎年開催される予定です。10/3〜10/21までの2週間半に及ぶ会期中にはウィーンの各所にてデザイン関連イベントが行われます。
デザインウィーク中のメインイベントとなるのが、the Passionswege (Pathes of Passion)と、 bell vue - Young Swiss Designです。
the Passionswegeは、ウィーン市内のショップをはじめとした10ヶ所でインスタレーションが展示されます。POLKAやSebastian Menschhorn、Soda Designersといったウィーンをベースとしたデザイナーたちが参加します。
今年のデザインウィークでは隣国のスイスをゲスト国とし、スイスデザインを紹介します。bell vue - Young Swiss Designは、スイス・ローザンヌのデザイン学校 ECAL のディレクター Pierre Keller がキュレーターを務めます。Nicole AebischerやBIG-GAMEなどの若手スイス人デザイナーが参加します。作品は、デザインウィーク以降の11/11まで展示されます。
また、10/8・9の両日はthe University of Applied Arts Vienna で DESIGN 07 と題してデザインに関連した講義が多数開かれます。DESIGN 07のテーマはThe Middleとなっています。多分野からゲストスピーカーを迎え、The Middleとう広義のテーマを中心に講義や討論を行います。

長く西欧と東欧の交流点となっていたオーストリアですが、スウェーデンやフィンランドと同時期にEU加盟を果たしてます。デザイン分野においても西ヨーロッパからの影響も当然大きく、このようなデザインイベントが開催されるのも必然だったのかもしれません。是非、今後も長くVIENNA DESIGN WEEKsを継続していってもらいたいです。
posted by DL at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。