Feb 19, 2007

Shiodomeitalia


青木克憲「コカコーラ・クーマクールサマー2005」


廣田尚子「One Piece Slippers(NAOCA)」

手塚貴晴+手塚由比「越後松之山「森の学校」キョロロ」photo by 木田勝久

発展著しい東京ですが、その中でも比較的新しい開発区域の汐留シオサイト。無数のビルディングや商業施設が集まりますが、その中にイタリア街という区域があります。イタリアを共通テーマに開発しているのですが、その中心に2006年12月、イタリアと日本を中心としたデザイン・建築・アート等を紹介するデザインセンター、Shiodomeitaliaクリエイティブセンターがオープンしました。2007/2/6(火)〜3/4(日)の期間中は「ニッポンのデザイナー展」が催されています。以前、朝日新聞社から発刊された「AERA DESIGN ニッポンのデザイナー100人」。そこに登場する、現在の日本デザインをリードする各界デザイナーの作品を一堂に会した大変興味深い展示会です。会期中には関連イベントとして、参加デザイナーと監修者によるセミナーやギャラリートークも開催されます。第一線で活躍する彼らの作品に触れ、今後の日本におけるデザインの展望や可能性を知るにはとても良い機会です。日本デザインに興味のあるかたは是非足を運んでみてください。毎週月曜は休館なのでご注意ください。上の写真は参加アーティストによる代表作の一部。
画像提供:Shiodomeitaliaクリエイティブセンター・プレスオフィス

2007年2月6日(火)−3月4日(日)月曜休館
開館時間: 11:00−19:00
入場料:中学生以上は一律¥500
主催:Shiodomeitaliaクリエイティブセンター

その他の詳細は公式サイトにてご確認願います。
posted by DL at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Feb 09, 2007

imm cologne vol.3









今年も imm cologne では新しい住宅のありかたを提案する ideal house cologne が展示されました。2007年は日本を代表するプロダクトデザイナーの深澤直人 氏とロンドンを拠点に活動する建築家 Zaha Hadid の2人が参加しました。深澤氏は無印良品で発売されている壁掛けcdプレイヤーやデザインディレクターを務める家電ブランド、±0でも有名です。深澤氏は今後、壁や床にはより一層の機能やインテリジェンスが内包されていき、建築とインテリアのデザインはインタラクションデザインの方向へ向かっていく、と語っています。
なるほど確かに、壁にディスプレイやオーディオが組み込まれたり、床や天井には空調やライトが、という様にどんどん一体化しているような気もします。今後はそこに機能だけではなく、デザインという要素も融合していくのだと思います。アーキテクチャーとインテリアデザインは相互の関連を深め、まだまだ進化を続けていきそうです。
posted by DL at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Feb 08, 2007

imm cologne vol.2









今回はケルンメッセで行われた imm cologne のvol.2です。ケルンメッセのレポートによると、今年はEU内からの来場者が若干減少し、その一方でアジアやロシア、中東からの来場者が増加したということです。これは今後コントラクト事業が重要視されるエリアであり、見本市でもコントラクトビジネスに焦点をあてたイベント等が評価されたとケルンメッセは解析しています。
2007年の家具全体では、クリアなデザインがトレンドであり、イスやソファなどの類ではライラックが今年のトレンドカラーということです。ダークカラーの木材などと組み合わせることによって美しいキャラクターを生み出すといいます。
昨今では割とカラフルな家具や家電が増えてきているように感じます。シンプルなお部屋にはアクセントとして、カラフルな家具を加えてみるのはいかがでしょう。明るく綺麗なお部屋にはとても映えます。
posted by DL at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Feb 06, 2007

imm cologne vol.1











1月15日-21日までの間ドイツ西部の都市ケルンにある koelnmesse(ケルンメッセ)で行われた国際家具見本市 imm cologne (koelnの英訳がcologneです)。29万m2の広大な敷地に1300社以上が出展という大規模な国際見本市のひとつです。EU内はもとより、世界各国からインテリア関連業者が集まります。このシーズンは様々な見本市が各地で開かれますが、コンテンポラリーデザインやインテリア業界のトレンドを知るうえで、どれも重要な役割を果たします。基本的にはプロフェッショナル向けですが、ほとんどの見本市が一般開放日を設けているのでインテリアデザインに興味のあるかたは一度訪れてみるとおもしろいと思います。初めてのかたは、その出展数や会場の規模に圧倒されることと思います。会場にはレストランやバー、カフェテリアなども併設されることが多いので、一日がかりでどっぷりと最先端デザインに埋もれるのも良いですね。会場内は基本的にプレス関連者以外は写真撮影禁止となっているので、ブースでは出展者から直接許可を得るなどマナー厳守でお願いします。
posted by DL at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。