Jan 30, 2009

imm cologne 2009


Composit Lounge by Stephan Burks


Adnan Serbest


Electric Light Shoe by FOC


WANNABE by Pulpo

1/19〜1/25の会期でドイツのケルンで開催された imm cologne 2009 (ケルン国際家具見本市)のファイナルレポートが発表されました。

今年のimm cologne には、7日間の会期で延べ約100,000人の来場がありました。(2008年:約107,000人 2007年:約106,000人) 世界を取り巻く経済状況の悪化の影響を受けてか、例年よりも来場者は減少しています。
出展者の数をみてみると、今回のimmには49ヶ国から1,057の参加者が出展しました。(2008年:53ヶ国 1,251組 2007年:57ヶ国 1,301) 来場者と比べると、出展者の前年比は大きく減少しています。この数字が、インテリア業界の深刻な経済状況を物語っています。
それでもリポートによると出展者の見本市に対する評価は、満足から大いに満足という回答が大部分を占め、フェア自体は現況をふまえると成功であったといいます。また、フェア会場でのトレードは活況で、2009年は家具業界にとって豊年になるであろうというドイツ家具産業連盟(VDM)の楽観予測を裏付けるものであった、とVDMのディレクターは評しています。
来場者についてもう少し詳しく見てみると、いわゆる成長市場とみられていた国々からの来訪が大きく減少したようです。これは現在の経済状況をそのまま反映しているといえます。その一方で、EU諸国のマーケットは安定しており、EU圏内からの来場者数については大きな減退はみられないということです。ドイツのある家具メーカーのチェアマンは、特にアジアや東欧諸国など海外からの来場者は減ったものの、EU主要国からの受注は良好であった、と発言しています。

フェア会場で見られたトレンドとしては、やはり、どの分野においてもエコフレンドリーがキーワードとして求められていたようです。再利用できる素材やリサイクルへの可能性が、購買の重要な判断基準となりました。
また、これまでにみられた居住スペースと食との同調は、ベッドルームやバスルームへと移行してきているようです。ホワイトは依然トレンドカラーで、ソファやチェアなどではバロック調の装飾が流行のようです。自らの住居やインテリアに対する男性への意識も高まってきており、技巧を凝らした洗練さが彼らを惹きつけたということです。
posted by DL at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Dec 17, 2008

Kaj Franck Design Prize 2008


photo: Liisa Valonen


Ball Chair, 1963


Pony, 1973


Focus chair, Parabel table, 2002

フィンランドのDesign Forum Finlandが主催する、Kaj Franck Design Prize 2008 の受賞式が12/11に行われました。今年の受賞者は、インテリアデザイナー・建築家のEero Aarnio です。

Kaj Franck Design Prizeは1992年にスタートし、今年で第17回目となります。賞はフィンランドで活躍するデザイナーやグループに授与され、これまでにOiva ToikkaやRitva Puotilaなどが、このプライズを受賞しています。

Eero Aarnioは、the Institute of Industrial Arts Helsinki を卒業後、1962年に自身のスタジオをスタートさせ、Ball ChairやBubble、Pestilといったデザインアイコンを次々とリリースしてゆきました。以降もPonyやFormulaといった名作を生み出し、彼の作品は長きにわたって世界中の人々に賞賛され愛され続けています。
Eero Aarnioは、子供用の玩具から大人用の家具まで、そして家庭やオフィス、公共施設で使用されるものまで幅広い作品をデザインしてきましたが、その50年以上のキャリアを通して、ボールドなラインやポップな色使いといったスタイルを一貫しています。
この変わることのないAarnioのスタイル、そして素材やフォルム、カラーへの優れた洞察力が審査員の高い評価を得ました。

ヘルシンキのDesign Forum Finlandでは、Eero Aarnioの過去の名作から現在の新作までを紹介する展示を2009年の1/11まで開催しています。
posted by DL at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Dec 16, 2008

Design Cities


photo: Istanbul Museum of Modern Art


photo: Istanbul Museum of Modern Art


How High The Moon by Shiro Kuramata

2003 Ceramic by David Chipperfield

ロンドンのDesign Museum で企画展、Design Cities が、2009年の1/4まで開催されています。
Design Citiesは、Design MuseumとIstanbul Modernによって主催され、2008年の4月にトルコで、そして9月以降はロンドンのDesign Museum で公開されています。

Design Citiesでは、近現代のデザイン史を7つの都市をキーワードに読み解くというコンセプトに基づいて、家具から工業製品、テキスタイル、ファッションと広範なオブジェクトを展示しています。会場には各都市を最も象徴づける年と、その年代のオブジェクトが展示され、近代デザインの変遷を追ってゆきます。
展示は、歴史的な1851年のロンドン万国博覧会にはじまり、Adolf LoosのOrnament and Crimeに代表される1908年のウィーン、1928年のBauhaus Dessau、Le Corbusierの活躍した1936年のパリへと移ってゆきます。そして戦後史として、Charles and Ray EamsがCase Study Houseに参加した1949年のロサンゼルス、1957年のミラノ、1987年の東京を巡り、そして最後に、現在多くのデザイナーが活躍している現代のロンドンへとデザインの歴史を繋いでゆきます。

Design Citiesは、デザインと都市との重要な結びつきを探るものであり、この関係性の手がかりとなるかつての偉業を深く考察する展示です。


Design Cities

5 September 2008 - 4 January 2009
Design Museum, London
Shad Thames, London SE1 2YD
10:00 - 17:45 (daily)
+44 870 893 9955
www.designmuseum.org
posted by DL at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Dec 03, 2008

Design Miami/


Liquid Space by Ross Lovegrove


Lady K bag nr.4 by Ted Noten
/Ornamentum
photo: Daniel Jocz



Ice Necklace by Ted Noten
/Ornamentum
photo: Daniel Jocz



Vaso Cinque by Michele de Lucchi
/Casati Gallery


リミテッドエディションのデザインを扱う世界有数の展示会、Design Miami/ が12/3から12/6までの4日間、マイアミのMiami Design Districtというデザイン特区を中心に開催されます。

Design Miami/ は今年で4回目となるフェアで、世界各国から多数のギャラリーが出展し、リミテッドエディションを中心とした作品が展示されます。ギャラリーが主体となった展示会場では、作品にその場で買い手がつくことも多く、デザインプロダクトが美術作品と同様の商慣習で扱われているのが特徴です。その点で、Design Miami/ は一般的な国際見本市とは一線を画していると言えます。

Design Miami/ は、とかくそのハイプライスな作品の取引額が話題となりがちですが、プログラムの内容や展示作品も非常にハイクオリティで、充実しています。
これまで歴史的な建物をメイン会場としてきたDesign Miami/ ですが、今年はニューヨークの建築事務所 Aranda\Lasch を会場デザインに起用し、4,000M2の仮設会場をDesign Districtにセットしています。Aranda\Laschによる空間デザインが、ギャラリーによるメイン展示とあわせて今年のハイライトのひとつとなっています。
また、期間中にはいくつかのトークセッションが開催されます。スピーカーには会場デザインを担当したAranda\Laschのほか、今年のDesigners of the Yearに選ばれているFernando & Humberto CampanaやTom Dixon、Ross Lovegroveなど著名デザイナーが参加する予定です。
このほか、Miami Design Districtではいくつかのサテライト展示やインスタレーションが同期間に開催されます。日本からは、Kaikai Kiki(カイカイキキ)が今回初めてDesign Miami/ にサテライトとして参加し、アートや関連グッズではないデザインプロダクトを展示します。
posted by DL at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

Nov 18, 2008

The Saint Etienne International Design Biennial


Fiat Luxe by Constance Guisset
(c)Felipe Ribon
/ Flight Number 10


Beka by Andras Rigler
(c)Andras Rigler / Flight Number 10



Drying Rack armchair by Guillem Ferram
(c)Guillem Ferram / Flight Number 10



WoodShell by Fujitsu
/ Demain c’est aujourd’hui



フランス、ローヌ・アルプ地方のSaint Etienneで、デザインビエンナーレ The Saint Etienne International Design Biennial が11/15〜11/30までの会期で開催されています。

The Saint Etienne International Design Biennialは、1998年にスタートしたデザインのビエンナーレで、今回で第6回目の開催となり、また開催10周年でもあります。
ビエンナーレ期間中は、3つのメイン会場やミュージアム、市街の約30のショップなどでデザイン関連の展示やプログラムが開催されています。中でもメイン会場のひとつ、Batiment Hで催される Flight Number 10 という展示は、今回のビエンナーレの見所のひとつとなっています。
Flight Number 10は、過去10年間のビエンナーレを彩ってきたデザインを回顧するものであり、また、あわせて最新のデザインを堪能するものでもあります。展示は、過去のビエンナーレに参加したデザイナーへのトリビュート、ヨーロッパの革新的なアイデアとデザイン、アフリカや南米、アジアなどその他の地域のデザイナー作品、という3つのセクションから構成されています。
Demain c'est aujourd'hui (Part-2)という展示もまた、Saint Etienne ビエンナーレのユニークなプログラムのひとつです。前回2006年にスタートしたこのDemain c'est aujourd'huiでは、様々な国やフィールドの企業によるコンセプトプロダクトが会場に展示されます。通常このようなコンセプトモデルは、専門的な展示会などで公開されることが多く、今回のように多くのモデルがひとつの会場で一般に公開されることは稀です。今回の展示には、KDDIやFujitsuなど日本のメーカーもいくつか参加しています。

このほか、ビエンナーレ期間中は展示だけではなく、メイン会場を中心に多くのレクチャーが各会場で開催されています。
posted by DL at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | messe

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。