Aug 08, 2008

Interview 10 : Constance Guisset


(c)Felipe Ribon

Scroll down for English text.


7月に開催されたデザインイベント designPARADE 03では、the Public Prize を受賞し、最も注目を集める若手フランス人デザイナーのひとり、Constance Guisset
日本での活動経験もあり、外交官を目指したこともあるというユニークな経歴を持つ彼女に、デザイナーになった経緯や日本の印象、これからのデザインについて話をききました。


DL(以下D): デザイナーになる前は、全く異なる分野で活動していました。何がきっかけでデザイナーになったのですか?
Constance(以下C): 以前からずっと、芸術分野や自分の手で何かを作ることに興味があったの。8歳の時のクリスマスプレゼントは小さな作業台だったし、10歳の時には電動ノコギリをもらったわ。(今でもまだそれを使っているのよ。)なんだかおかしな話だけど、何かを組み立てたりすることが、その時の私が一番好きだったことなんだと思う。両親はそれを良く理解してくれていたのよ。
長い学生時代にも、私はずっと小さなオブジェクトを作り続けていたわ。だけど働き出すと初めて、労力的にも、いくつものことを同時に続けてゆくのは難しいと気づいたの。学生時代にも社会人時代にも常に創作に取りかかっていたけど、最も創作というものに近いところにいたときに(ギャラリーで働いていたころ)、自分はクリエーターになるべきだと理解したのよ。私はそれまでの生き方に囚われていたけど、自分の人生を創作を中心としたものに変えてみようと決意したの。日常の様々なものや創作活動に興味があったからデザインの道を選び、そして仕事をやめたの。
パリのENSCIに入学すると、並行してブルレック兄弟のもとで働き始めた。そうやって私は人生の残りを確かなものにしたし、自らの選択に責任を持つ唯一の人間となったのよ。友人のほとんどが、私の決断は正しかったと信じてくれてるわ。だけど、自分が何かを変えようとすると、例えば他人から見た自分に対する既成概念、それに対して常に懐疑的な意見の人も中にはいるけどね。


D: Scienses-Po(パリ政治学院)* を卒業した人がデザインの分野に進むのは稀ではないかと思うのですが、政界にはあまり魅力を感じませんでしたか?ちょっとステレオタイプな意見かもしれませんが・・・
*Science-Poは、いわゆるフランスの難関校といわれる学校で、政界や実業界で活躍する著名人を多く輩出しています。
C: 実際、どんなことも魅力的だと思う。学生時代に特に嫌な思いをしたということもないわ。特にビジネススクールに通っている間はいくつもの活動を同時に行えたし、とても自由だった。本当のところ、何かを新たに学ぶのが大好きなの。勉強もとても楽しかったわ。政治、特に外交に興味があって、大使館の文化顧問になりたかったの。旅行も好きだったし、文化や創作に近い仕事がしたかった。それで外交を学ぶためENA(フランス国立行政学院)に入学する準備を始めたのだけど、中にはあまり好きでない教育プログラムもあって。
日本に1年滞在した後に、(ビジネススクールとパリ政治学院の間)自分はもう、厳しい学力争いや理論ずくめのプログラムにはついてゆけないと感じたの。パリ政治学院では、より直接的なカルチャーマネージメントを専攻したけど、実際にはこれが最後のステップにはならなかった・・・だけど、これらの経験に後悔はないわ。どんな時でもたくさんのことを学ぶのが本当に楽しかったから。学ぶことをやめたとしたら、それは行き詰まっているということね。


D: ブルレック兄弟のもとで数年間働いているということですが、彼らから何を学びましたか?
C: たくさんのこと学んだわ。忍耐や急場への対処、正確さを得るのためのリサーチなどね。

D: かつて日本に住んでいたことがあると思いますが、* 日本はどうでしたか?
*彼女は1998-1999に、元国会議員の柿澤 弘治 氏のもとで選挙運動のアシスタントを務めています。
C: 日本は大好きな国よ。流暢ではないし、毎日単語は忘れてゆくけど日本語を話すのも好き。上達するためのレッスンをもっと受けたいわ。日本での生活は本当に好きよ。ただ、日本にいた頃は本当に若かったし、仕事の都合で穏便な生活とはかけ離れていたけど。たびたび移動する必要があったし、私の仕事は他のこととは相容れないものだったから。唯一開放されたのは、仕事を手伝っていた国会議員が都知事選のために外出していたときだけ。だけど、外で彼の選挙活動の準備をしたり、着ぐるみなんかを着たり、選挙運動はおもしろかった。本当に熱烈で、それでいて楽しかったわ。

D: フランスと比べて、日本のデザインシーンはどうですか?
C: 日本のデザインやオブジェクトの繊細さは本当に素晴らしいと思う。私にとっては、よく参照する参考書みたいなものね。日本人の若いデザイナーには、過去や現代のあらゆる分野から、一番良いところをうまく吸収することに長けた人が多い気がするわね。

D: フランスや日本だけの問題ではありませんが、近年では、益々環境問題を意識する必要があると思います。この環境問題は、デザイナーの創作に何か制限を強いていると思いますか?それとも、新たなチャレンジへのポジティブな要素と受け止めますか?
C: 場合によっては、とても良いチャレンジだと思うわ。私たちは合理化してゆく必要があるけれど、その一方で本当に優れたいくつかのオブジェクトは、完全に環境に優しいというわけでないとしても存在に値すると思う。そういったものが、デザインの発展を担ってきたのだから。私たちは一瞬にして全てを変えられるわけではないし、大事なのは、グッドデザインとエコフレンドリーなデザインとを共に十分なとろまで発展させることじゃないかしら。

D: デザインやプロダクトの製造を通して、私たちは今後どのうような方向へ向かうべきだと思いますか?
C: 私たちはもっといろいろな要素を重要視するべきだと思うわ。良い作品というものは、様々な背景の中であらゆる要素の均衡がとれているものだと思う。エコロジーや大量消費、過剰な物事などは、その背景のひとつね。

D: つい先日、designPARADE 03でPublic Prizeを受賞しました。おめでとうございます。この賞の受賞によって、今後の活動に何か影響があると思いますか?それともすでに何かが変わり始めていますか?
C: 皆が私に投票しているとは思わなかったので、賞の受賞は本当に嬉しかったわ。私の作品がディスプレイされた部屋を皆が気に入ってくれたという、ひとりひとりの思いに感謝してる。
今のところ、生活に変化はないわね。ノワイユ邸ではたくさんの人々にあったけど、これら全てのことは、私にはまだちょっと早すぎる感じ。デザインだって時間がかかるものだしね。


D: デザインや創作を通した、あなたの目標は何ですか?
C: 人々の生活に躍動感や明るさを与える、驚きのあるオブジェクトを生み出すことかしら。

D: いつも最後に同じ質問をしているのですが、デザインを学びデザイナーを目指す若い日本の方々に何かアドバイスはありますか?
C: 忍耐強く、意思をしかっりと持ち、自分らしく。そしてがんばること。

Merci beaucoup et felicitations pour ton prix, Constance!!


D: You had had a few years career in a different field before becoming a designer. What brought you to be a designer?
C: I have always been interested by art fields and by making things with my hands. A small anectode is that I received my first small work bench for christmas when I was 8.. And my first electrical fretsaw when I was 10 (I still use it today). It sounds strange but I think that was what I liked most at that time, fabricating things. And my parents had undesrtood it well. During my long scholarship, I kept on fabricating small objects. It is only when I began working that I realized that it was far more difficult to keep on several activities, among which manual ones. Progressively in my carreer and scholarship, I approached creation. But when I was the closest (working in a gallery), I understood I could not go further without becoming myself some kind of creator. I was kind of trapped by my previous formation. Thus I decided to change my life, moving creation to the center. As I was very much interested in fabrication and everyday objects, I chose design and gave up my job. I entered ENSCI and began working for the Bouroullecs at the same time, in a parallel activity. So that I could earn a leaving and be the sole person responsable for my late choice. Most of my friends were very confident, for they felt it was the right choice for me. But some people are always dubitative when you change the general idea they have of you..

D: I guess that it's pretty rare that someone who graduated from Sciences-Po goes in for design field. Is it not attractive for you to go into politics? This might be a stereotype about IEP though...
C: I was attracted by many things, in fact. At no moment in my scholarship did I felt annoyed or so. Maybe more in the business school (but at the same time, I was very free when I was there and could have several activities at the same time)… but to be honest I loved learning new things. I appreciated very much my studies. I was interested in politics, but more in diplomacy and thought I wanted to become a cultural advisor in embassies. I wanted to be close to culture and creation and loved travelling. Then I prepared ENA/Quai d'Orsay (for diplomacy) for some time and did not like that much the teached programm. Coming back from 1 year in Japan (between business school and IEP), I realized it was too late for me to go back to crazy scholarship competition and theoretical programms. And I chose to specialize in culture management at IEP, which sounded more direct. But in fact, it was not the last step... I do not regret any of those steps because I really appreciated learning a lot at each moment. It is only when I stopped learning that I felt trapped.

D: You've been working for Ronan and Erwan Bouroullec Studio for several years. What have you learnt from them?
C: A lot. Patience, exigence and research for justness.

D: I know you'd been in Japan in the past, How did you like it?
C: I love this country. I love speaking japanese, even if I am not fluent and I lose the language everyday. I would love to make some more lessons to improve. I love being in this country. At the same time, I was very young at that time and it was quite difficult for me to stay very quiet in the job. I need to move a lot, and it was not very compatible with the kind of job I had. It is only when the MP for whom I was working ran for Tokyo elections that I could find some freedom again. I enjoyed the campaign, being outside preparing his visits, being dressed in Kigurumi and such. It was really passionating and fun at the same time.

D: What do you think of Japanese design scene, compared with one in France?
C: I appreciate very much Japanese design and the thinness of objects. For me, it is a haunting reference. I feel now there are many young Japanese designers very gifted that take the best from the past and the best from the contemporary stakes.

D: We need to care about environment much more nowadays with no doubt, it's not an issue only in France or Japan of course. Do you think that this current issue makes limits and fetters designers' creation? Or could it be a positive priming which gives designers new challenge?
C: I think that in some cases, it is a great challenge. We need to rationalise. Then, on the other hand, I feel some really good objects that are not perfecty eco-friendly deserve to exist. Because they make design progress. We cannot change everything in 1 second. And the main thing is to progress till the adequation between good design and eco-friendly design.

D: What do you think of the way we have to go for the next few decades through designing and manufacturing a product?
C: We should take more factors into account. But a good project is a good equilibrium among many factors, including the context. And ecology, mass consumption and abundance are part of the context.

D: You just won the Public Prize at designPARADE 03 in Villa Noilles. Congratulations! Do you think that it will bring about an impact on your next activities? Or it has already started?
C: I was very happy for this prize because I do not know the people who voted for me. And I appreciate the idea that one by one, they liked the room with my projects. For the moment, there is no change in my life. I met many people there. But all this is still very early for me. Design takes time.

D: What is your goal through designing and creating?
C: Try to conceive surprising objects that bring movement and lightness in people's lives.

D: This is kind of my routine for the last question.
Any advice or tip to young Japanese who are studying and aim to be a designer?
C: Be patient, be willing, be yourself and work.
posted by DL at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview

May 16, 2008

Interview 09 : Samu-Jussi Koski



Scroll down for English text.


北欧を代表するテキスタイルメーカーのMarimekko 。そのMarimekkoの婦人服・子供服をデザインするファッションデザイナーの Samu-Jussi Koski に、いくつかの質問に答えてもらいました。
彼がファッションデザイナーとなったエピソードや、北欧諸国と日本のファッションシーンの違いなど大変興味深い話を聞くことができました。


DL(以下D): 高校卒業後の進路として、本当はファッションデザインではなく写真の道へ進む予定だったという話を以前に聞きました。どのような顛末でファッション分野に入ることになったのか、もう一度聞かせてもらえますか?
Samu-Jussi(以下S): もともと本当は写真家になりたかったんだ。だから Lathi Institute of Design へ進学しようと決めてた。だけど提出期限のぎりぎり前夜になって入学試験の課題に取り掛かっていたら、写真が間に合わなくなってしまって。それで入学願書をパラパラめくっていると、ファッションデザインの課題なら唯一その夜のうちに終わらせることができそうだったんだ。なんとか課題を仕上げると無事に入学できた。その後、すっかりこの業界のとりこになってしまったね。

D: 写真への情熱はまだありますか?
S: どこへ出かけるにも、いつもデジタルカメラは持っていくよ。それとシステムカメラも持っているから露出や絞りなどをもう一度勉強してる・・・つまるところ、写真が大好きだね。

D: コレクションに使うマリメッコのテキスタイルは、どのようにして選んでいるのですか?何か特別な要素や基準があるのですか?
S: 大抵はコレクションを始めるときに、まずいくつかのプリントを手にとってみる。その中から直感で使うものを選ぶんだ。概して僕の作品は目に見えて直感的だからね。マリメッコの今までのパターンの集積は信じられないくらい素晴らしいよ。例えば100ある気に入ったものの中から、3つだけを選べといわれても当然ものすごくむずかしい。Maija Isola(有名な'ウニッコ柄'のクリエーター)だけでもマリメッコのために500以上のパターンをデザインしているからね。

D: 自身のコレクションをスタートさせる以前に、同じくマリメッコのファッションデザイナーであるRitva Fallaのもとでアシスタントを務めています。そこで彼女から何を学びましたか?
S: Ritvaからは柔軟さ、古典様式、品質思考や仕上げなんかを学んだよ。

D: 機会があれば、メンズファッションもデザインしたいですか?
S: もちろん!!

D: スカンジナビアのファッションシーンは、西ヨーロッパ諸国やその他の地域と比べてみてどうですか?
S: スカンジナビアでは、人々は純然なラインやある種の軍国主義的な明快さというものを好む。だけど、そこがマリメッコとその他のスカンジナビアンデザインとの違いだと思うんだ。フィンランドはロシアとスウェーデンに挟まれていて、文字通り東と西の中間に位置する。その地理的特徴がマリメッコでは、例えば伝統と急進性、禁欲主義と装飾美、日常と非日常、都会生活と田舎暮らし、平凡さと奇抜さへの大望などとなって表れているんじゃないかな。

D: 日本を訪れたことはありますか?もしあればその時の印象を教えてください。
S: 東京、京都、福岡、神戸、それから大阪に行ったことがある。日本は大好きだよ!! 日本に引っ越したいと時々夢見るくらいだからね。

D: ヘルシンキの街の良いところと悪いところを教えてください。
S: 僕にとって、ヘルシンキは小さな大都会だね。ここでは街に出てひとりになるということが、まずない。必ず友達や知りあいに会うからね。都会だけど田舎にいるみたいで、生活も仕事もしやすいよ。

D: 日本の人々はスカンジナビア文化の審美性やミニマリズムに近年、益々魅了されつつあります。それとは逆に、日本の文化についてはどう思いますか?ファッション的な視点でなくても構いません。
S: 日本人の、物事や食べ物、そして環境や生活を美しくしようとする流儀には、いつも感心させられるよ。ファッションという点では、日本は本当に時代の先を行ってる、少なくともヨーロッパから見るとね。むしろ、生まれながらにして僕らとは違うファッションの世界に住んでいる、と言ったほうが良いかもしれない。日本のマリメッコのコラボレーターと一緒に仕事をして、彼らの物の考え方や行動をみるのは本当に楽しいよ。

D: ファッションデザイナーを目指して勉強している日本の若者に何かアドバイスをお願いします。
S: 自分を信じて、やるべきことを一心にやること!

Oikea paljon kiitoksia, Samu-Jussi!!


D: I've heard that you'd planed to study photograph, not fashion design, after graduating high school. Could you tell me the story how you happened to get into fashion feild, once again here?
S: I really wanted to become a photographer, so I decided to apply to Lahti Institute of Design. I began doing the entrance examination assignments on the night before the deadline and noticed that I did no longer have time to develop pictures. I riffled through the entrance examination book and realized that the fashion design assignments were the only ones that I could complete that night. I made the assignments and got accepted. And the industry swept me off my feet.

D: Do you still have a passionate interest in photography?
S: I always carry a digital camera with me everywhere. I have now also gotten a systems camera and try again to learn about exposures and apertures... So yes, I love photography.

D: How do you decide patterns or textiles from Marimekko that you use for your collections? Are there any specific factors or cretria to choose?
S: Often when beginning my collection I notice just grasping some prints and usually pick them based on intuition. My work is obviously very intuitive all in all. Marimekko's pattern archives are so incredible that it is naturally sometimes difficult to choose only e.g. three prints when I would like to have a hundred. Even Maija Isola (creator of the popular 'Unikko' print)has designed over 500 patterns for Marimekko.

D: I know you worked with Ritva Falla, who also designs Marimekko's garments, as an assistant before launching your own collection. What did you learn from her there?
S: From Ritva I learned flexibility, classicism, quality-thinking, and finishing.

D: Are you interested in designing men's cloths if having a chance?
S: Of course!!

D: What do you think of Scandinavian fashion scene comparig with other regions such as Western Europe?
S: In Scandinavia people love pure lines, certain kind of militaristic clarity. But that is where I have noticed the difference between Marimekko and other Scandinavian design. Finland is located between Russia and Sweden, so literally between East and West. That shows e.g. in Marimekko in being at the same time traditional and radical, ascetic and ornamental, everyday and festive, urban and country life inspired, anonymous and aspiring towards eccentricity.

D: Have you ever been to Japan? If you have, where did you go and how did you like it?
S: I have visited Tokyo, Kyoto, Fukuoka, Kobe and Osaka. I love Japan!! Sometimes I have even dreamt about moving there.

D: How do you describe the city of Helsinki where you're living and working? In good or bad way?
S: To me, Helsinki is a small big city. One can never go to town by oneself; one always meets friends or acquaintances. It is easy to work and live there, in a way like being in the countryside in a city.

D: I think that Japanese people are getting attracted to Scandinavian culture nowadays because of its aesthetic and minimalism. On the other, what do you think of Japanese culture from a fashion perspective or just in general?
S: I have always admired the Japanese way of making things, food, environment and life beautiful. In fashion the Japanese are truly ahead of their time, at least when looking from Europe. Or should I say that we live in a different world of fashion, which is naturally enriching. It has been a pleasure to work with Marimekko's Japanese collaborators and see their way of thinking and doing things.

D: Any advice or tip to young Japanese who are studying and aim to be a fashion designer?
S: Believe in yourself and do strongly what you do!
posted by DL at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview

Apr 11, 2008

Interview 08 : Bertjan Pot



Scroll down for English text.

オランダのデザイン界を牽引する若手デザイナーひとり、Bertjan Pot
今回は彼にインスピレーションや作品にまつわる話、ダッチデザインや日本のデザインシーンの印象など、大変興味深い話を聞くことができました。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけは何かありますか?
Bertjan(以下B): 運命だね。

D: 最も敬愛するデザイナーは誰ですか?また、どの様な影響を受けましたか?
B: イームズ、それからカスティリオーニかな。今までに誰も考えつかなかったような素晴らしいアイデアが浮かんだと思ったら、実は50年も前にイームズがすでにやっていた、なんてことが今でも時々あるよ。カスティリオーニは、超機能主義は退屈でもありきたりでもない、という事実の証人だよね。

D: あたらしい物をつくるときにインスピレーションを受けるものはありますか?
B: インスピレーションという単語は本当に好きじゃないな。イスに座って「次は何をすべきかな」なんて考えているような響きがなんとなくあるから。ところが何かが起こるのは予想もしていないときだよ。頭の中の閃きみたいなもので、それって無理やり絞り出すんじゃなくて思いもよらないものが引き金になるんだ。つまりインスピレーションなんてどこにでもある。それが起こるに任せて、受け入れられるようオープンでいるだけでいいんだよ。

D: プロジェクトの最初の段階で、まず素材に取り掛かると聞きましたが、どのようにして作品に使用する素材を選ぶのですか?
B: 直感というのがキーワードだと思う。僕は自分のウェブサイトにのせているどんな作品に対しても、かなりの実験をしているんだ。スタジオの棚には少なくとも3つは手をつけていない(未完とも言える)プロジェクトがある。失敗してはまた試し、の繰り返しだよ。だけど、何がうまくいって何がうまくいかないかを考える頭のトレーニングから多くの経験が得られる。そうやって得たものを直感と呼ぶこともできるね。

D: The Random Light を完成させるまでに3年近くかかったと聞きましたが、どの点に一番苦労したのですか?
B: もともと The Random Light は僕がハンドメイドで作っていたものなんだ。自分では本当に上手く作れるのだけど、それが他人にとっては難しいことだとは思わなかった。その後、製品化することになると、機械を使って"ランダム"の要素を再現するのは本当に大変だったよ。だけどそれを完成させたのは僕自身じゃなくて、今それを作っている工場のとても頭の良い人なんだ。

D: 近年、世界中からダッチデザインが注目されています。では、反対にダッチデザイナーのあなたは何に注目しているのですか?
B: グッドアートかな。

D: ダッチデザインシーンの優れている点は何だと思いますか?また、強いて挙げるとすれば、何が不足していると思いますか?
B: 僕達オランダ人はカルバン派の小さな国に住んでいて、生まれながらにある種の冷笑的で実用主義的なものを持っているんじゃないかと思う。それが、人々がダッチデザインと呼ぶものにつながっている。それっていうのは僕にとっては、ドラマチック過ぎずに、クリーンでポイントに対して真っ直ぐクリアなデザインを意味しているんだけどね。そもそも作品を作るきっかけとなった問題を解決もしないで、何かを訴えようとしてるような過剰にコンセプチュアルなデザインアイデアにはうんざりだね。それから、私腹を肥やすためだけに、デザイン史上になんら貢献もしないような"限定品"を作る人達がいる。これはオランダだけの問題かどうかわからないのだけど。

D: 日本のデザインシーンについてはどう思いますか?ヨーロッパ諸国のデザインシーンと何か明確な違いがあると思いますか?
B: 今までに見たことのある日本人デザイナーの作品は、(ごめん、深澤直人が最初で最後のひとり。生涯のうちに他の日本人デザイナーも見たほうが良いと断言するよ。)ファニーでスペシャル、本当に素晴らしいと思う。日本文化におけるオブジェクトは、西洋世界と同様、人や個性を非常に重んじているよね。そういった要素をうまく作品に活かすことができれば、本当に良い作品ができると思うよ。

D: 一緒に仕事をしてみたいと思う日本人デザイナーやメーカーはありますか?
B: イサム・ノグチのあかりシリーズを手がけているメーカーと仕事をしてみたいな。

D: どのデザイナーの方にも必ず最後にお願いしているのですが、デザインを学びデザイナーを目指す日本の若者へ何かアドバイスをお願いします。
B: 楽しいことをして、やるべき時には一生懸命やること。有名デザイナーになることをゴールにしちゃだめだよ。出来る限り良いものを作ろうと努力していれば、自ずと注目されてゆくから。

Dank u wel, Bertjan!
Your advice to young generation is just awesome.


D: What brought you to be a designer?
B: Destiny.

D: Who is the designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
B: One day it is Eames, The other it's Castiglioni. I still sometimes think I have a brilliant Idea that nobody thought of before and then it turns out Eames did it 50 years ago..Castiglioni is proof of the fact that superfunctionality doesn't have to be dull..or predictable.

D: What inspires or leads you to new creation?
B: I don't really like the word inspiration,..because it somehow sounds like sitting down and thinking "what shall we do next". Whereas in fact it is something that happens when you don't expect it..it is like a spark in your brain that can't be forced but is triggered unsuspecttedly..in that way inspiration is everywhere..you just need to be open for it and allow it to happen.

D: You say that you often start with materials at the first level. How do you choose materials to use for works?
B: Intuition is the keyword I think. I do a lot of experiments and for every thing you see on the website there are at least 3 projects on a shelf in my studio that never made it (or haven't made it yet). So it is trial and error but I do get more experience in training my brain to think what will work and what won't. You could call that intuition.

D: I've heard that it took you like three years to develop The Random Light. What was the most difficult part of it?
B: I used to meke them by hand myself and I was quite good at it not knowing it was hard for other people to do the same as I ..and later on when sales really took of it was very hard for a machine to copy the "random" factor..but this I did not develop myself but a very clever guy at the factory that now makes them.

D: The whole world pays attention to Dutch design in recent years, then what do you pay attention to?
B: Good art.

D: What would you say the strong point of current Dutch design scene is? And if insisted, what is the lack in it on the other hand?
B: I think that because we're from a small Calvinistic country we have a sort of natural cynicism and pragmatism that leads to what some people call Dutch design..to me that would mean clean clear straight to the point designs without too much drama. I do get tired of all the overconceptual design ideas that try to explain something without solving the problem for which the product was initially created. I also think that there are people making "limited editions" of product that really don't contribute to the design history, only to fat wallets. But I don't know if that is a Dutch problem.

D: What do you think of Japanese design scene? Do you think there's some of specific differences from the ones in european countries?
B: What I have seen from Japanese designers so far (and sorry it sort of starts and ends with Naoto Fukasawa, I promise I will better my life and look at other Japaneese designers) I really think it is nice, funny, special that objects in Japanese culture are so much more considered a person or a character as in the rest of the western world, If done correctly it really adds to a product.

D: Is there any Japanese designer or manufacuturer who you like to work in collaboration with?
B: I would love to work with the factory that makes all the akari lights for Isamu Noguchi.

D: This is the last one that I always ask to every designers. Is there any advice or tip to young Japanese who are studying design and aim to be a designer?
B: Have fun and work hard at the right times. Don't make it your goal to be a known designer..just try to be as good as you can..and you will be noticed.
posted by DL at 13:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | interview

Nov 30, 2007

Interview 07 : Inga Sempe


(c) Fillioux & Fillioux

Scroll down for English text.

今回はフランスのデザイナー Inga Sempe にインタビューを行いました。彼女はフランスのリーン・ロゼを中心に各国のメーカーから作品を発表し、注目されています。
質問に対する彼女の答えからは、デザインへの純粋で熱い思いが伝わってきます。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけは何かありますか?
Inga(以下I): デザインに興味があったからかしら。私は昔も今も変わらずオブジェクトや家具、日々の生活に興味があるわ。

D: 最も敬愛するデザイナーは誰ですか?また、どの様な影響を受けましたか?
I: ほかのデザイナーを尊敬するということが本当にないの。私の興味はオブジェクト自体にあってデザイナーではないからよ。大きな影響を受けるものといえばフリーマーケットと、そこで出会う名も無いものかしら。

D: あたらしい物をつくるときにインスピレーションを受けるものはありますか?
I: 私は自分に自信を持つ必要があると思ってる。私にとってほんの少し幸せになるということは、自分の好きなオブジェクトや家具をデザインすることを意味するの。何か新しいことをしたいと思うきっかけは、まず、ほかでもなく自分自身からくるわ。私は常に、新しい物やシェイプ、機能などを生み出す努力をしていなきゃならない。それが自分を幸せにしてくれる方法だとわかっているからよ。私には新しいものを発見したりデザインしたりするのが向いているのだと思う。例えば料理をとってみても、もし私が何かをとてもおいしく作れたとしても(年に一度くらいだけど)、それでデザインと同じような幸福感を得るということはないわ。

D: 今後チャレンジしたい素材や技法はありますか?
I: 木を使った作品をつくったことがないから、使ってみたいとは思う。だけど素材や技法をデザインのベースとすることはほとんどないわ。私のやり方はそれとは正反対なの。まずはアイデアを見つけて、次にそのアイデアにぴったり合う素材を探すのよ。

D: Suspensions lampやGrande lampのような大きな作品をデザインしていますが、サイズというものに何か特別な意味があるのでしょうか?それともただ大きなものを作るのが好きなだけですか?
I: 大きさ自体に何か特別な意味があるわけではないわ。それらの作品ではプリーツ使って大きなオブジェクトを作りたかったのよ。とても軽くて広がりをもつシェイプをだすことが出来る技術を使っているから、作品は大きくてもとても軽いわ。

D: 訪日したことはありますか?もしあれば、その時の印象を教えてください。
I: 日本には2度行ったことがあって、大きな驚きを受けたわ。東京と京都へ行ったのだけど、とても気に入った。また日本にいくのが待ち遠しいわ。できれば日本の企業とも仕事をしてみたいわね。

D: 日本のマンガやアニメがフランスで人気だと聞きましたが、デザインという観点から日本の文化や伝統についてどう思いますか?
I: マンガについては全く興味がないの。(息子は夢中よ) 日本の文化や伝統についていうと、それらは、日本のものづくりの優美さや正確さを賞賛するヨーロッパのデザイナーたちに大きな影響を与えていると思う。

D: スタジオのあるパリの街の良いところと悪いところを教えてください。
I: まず悪い点は、どんどん巨大で高級なスーパーマーケットが増えていること。貧しかったり平均的な生活水準のひとびとのための店がほとんどない。それと美術館が高くて旅行者のためのつまらないものになってしまったこと。実際にそこで生活している市民が訪れる機会はめったに無いわね。良い点は、パリは私が生まれ育った街だということ。マイホームよ。

D: フランスはイタリアのようにファッションで有名な国です。今イタリアのアルマーニやボッテガ・ベネタのようなファッションブランドが次々とホームコレクションを発表していますが、フランスでも同じようなムーブメントはあるのでしょうか?また、フランスのファッションデザインとインダスリアルデザインとの間には何か相互関係があると思いますか?
I: そういったムーブメントは今のところはないみたいね。ファッションデザインとインダストリアルデザインに相互関係があるときには概してつまらないことが多いと思う。そういう場合のインダストリアルデザインは、プロダクトデザインの業界ではなく、変遷の早いファッション業界に迎合するよう、表面上のルールに縛られてしまうから。

D: デザインを学ぶ日本の若者やデザイナーを目指す人に何かアドバイスをお願いします。
I: デザインした95%のプロジェクトがキャンセルされたりダメを出されたりすると思ったほうがいいわね。だけどそれってよくあることよ。だからとにかく続けること。


Merci Inga!
J'attends pour voir votre nouveau travail.


D: What brought you to be a designer?
I: I got into design because, I was and I am interested in objects, furniture and daily life.

D: Who is the designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
I: I am not really into respect for designers, because I am more interested in objects, than into designers. My biggest influence was always the flea markets and there anonymous objects.

D: What inspires or leads you to new creation?
I: Because I need to be proud of myself, and being a little happy with myself means trying to design something, an object, furniture, that I would like. I mean that what makes me want to do new thing, is firstly myself: I need to try to invent things, shapes or functions, because this is the way I have found to feel sometimes happy about myself. And finding, or designing new objects is the field that I need to be in. Cooking, for instance, even if sometimes I can cook something delicious ( once a year) doesn't make me feel happy about myself, like designing...

D: Are there any materials or innovations that you would like to try in the future?
I: I never did any objects with wood, so I would like to try to use it. But the material or an innovation are rarely the base of my design. It is the opposite : I try to find an idea, and then I look for some material that would fit my idea.

D: You sometimes design big objects such as Suspensions lamp and Grande lamp, what does the size of object mean for you? Is there special meaning or you just like to make it bigger?
I: It doesn't mean anything special. The interest was for me with those objects to build huge objects using the pleats, technic that allow to to build very light and extensible shapes, so light but huge objects.

D: Have you ever been to Japan? If you have, where did you go and how did you like it?
I: I've been twice in Japan, and it was a big surprise : I loved it. I went to Tokyo and Kyoto. I can't wait to go back again, and hope to work for Japanese companies.

D: I've heard that Japanese Manga(comics) and animations are attracting some people in France What do you think about Japanese cultures or traditions from a design perspective?
I: I am not into Mangas at all ( but my son is). About Japanese cultures and traditions, they are of a big influence for european designers who admire the delicacy and precision of some Japanese objects.

D: How do you describe the city of Paris where you're living? In good or bad way?
I: In bad way : it becomes more and more a huge luxe supermarket, with no more place for poor or even average people, it is so expensive that it becomes a kind of boring museums for tourists, with no opportunity for the real inhabitant.
In good way : it is my home, I was born there and still live in Paris


D: France is famous for its fashion scene same as Italy. Fashion brands, in Italy, tend to launch their home collection for example Armani Casa and Bottega Veneta. Is there a movement like this also in France? And do you think that there is some kind of interaction between fashion design and industrial design in France?
I: Not for the moment. and I think that usually when there is an interaction between fashiond deisgn and industrial design it is really boring, because IT makes industrial design ruled by superficial laws that can correspond to the quick fashion industry but not to the products and objects industries.

D: Any advice or tip to young Japanese who are studying design and aim to be a designer?
I: One has to know that 95% of the projects that one designs are cancelled or refused, but this is normal. So keep on trying.
posted by DL at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview

Oct 19, 2007

Interview 06 : Kiki van Eijk



Scroll down for English text.

オランダの若手デザイナー Kiki van Eijk 。彼女はプロダクトデザインだけではなく、食に関わるプロジェクトにも携わっています。今回は食の魅力や各国での展示会の感想など、いくつかの質問に簡単に答えてもらいました。


DL(以下D): デザイナーになったきっかけは何かありますか?
Kiki(以下K): 子供の頃からいつも何かしらクリエイティブな仕事に就くべきだと考えていたの。小さい頃はアーティストになるつもりだったけど、歳をとるにつれてより具体的なものに興味を持つようになったわ。今は作品に何か私の世界観を加えて美しいものに仕上げようと努力してる。

D: 最も敬愛するデザイナーは誰ですか?また、どの様な影響を受けましたか?
K: Charles & ray Eamesと Castiglioniね。彼らの作品にみられる多様性や、とりわけ、個性と作品のソウルに影響を受けたわ。

D: あたらしい物をつくるときにインスピレーションを受けるものはありますか?
K: 多くの場合が予期しないもので、本当に些細なことよ。引き出しの裏に落ちてしまったおばあちゃんのボタンや刺繍針みたいなものね。でも私はこれらをすぐに新しく解釈して背景を大きく捉えるの。私のデザインはここから得られるわ。デザインというものは、忘れられてしまった美しいオブジェクトに対する叙情詩みたいなものね。

D: 今後チャレンジしたい素材や技法はありますか?
K: 3Dレーザーとスキャンはとてもおもしろい技術ね。これを使えばいくらでもフォルムやプロポーションを考えられるわよ。

D: 訪日したことはありますか?もしあれば、その時の印象を教えてください。
K: 去年のデザインタイドで日本に行ったわ。日本はとても美しい文化と精神性、それから自然で素晴らしいスタイルと審美性を持っていると思う。

D: デザインという観点から、日本の伝統や文化についてはどう思いますか?
K: 日本のデザインは、素材や構造に対するとてもよい感覚を持っていると思うわ。美しくて落ち着いたフォルムについても同じことが言えるわね。

D: アイントホーフェンの街の良いところと悪いところを教えてください。
K: アイントホーフェンのおもしろいところは、発展していくデザインシーンね。実際、日々たくさんのデザイナーが自分の会社を設立して作品を製作し、売っている。街には経験主義的な感覚が溢れているの。人々は率直で全てがゆっくりとしたテンポに感じられる。心地よくてとても人間味がある感じ。

D: 今年もいくつかの展示会に参加していますが、その国々で人々の反応や意見は違いますか?
K: イエス。例えば、イタリア人はとても感情的でいろいろな種類のデザインに魅了されるけど、オランダやイギリスでは一般的に人々はデザインひとつひとつで感動するかどうかが変わってくる。私にとっては、それが一番重要なのだけど。

D: デザインと同じくらい食べ物にもある種の情熱を持っているよう見受けられますが、食べ物のどのような点が魅力的ですか?
K: 食べ物の持つ原始的な役割と贅沢品としての価値のコンビネーションという点かしら。食事は一日に3回必要なものだけど、必要物という枠を超えた(社交的な)経験をすることもできるわ。

D: デザインを学ぶ日本の若者やデザイナーを目指す人に何かアドバイスをお願いします。
K: オランダは一定の期間でデザイン精神を経験するには最適な国よ。オランダはあなたの心を解き放って、デザインだけではなく人生における目標を維持する手助けをしてくれるはずだわ。

Thank you Kiki!
Looking forward to seeing your chair at NWCoT in Tokyo.


D: What brought you to be a designer?
K: As a child I always knew I had to do something creative. As a child I thought I would become an artist. But when I grew older I got interested in something more concrete. And now I try to add something with my look upon the world by integrating this in beautiful pieces.

D: Who is a designer you respect the most? And in which way has she/he influenced you?
K: Charles & Ray Eames, Castiglioni. The diversity of their works and above all the personality and soul that's in the work.

D: What inspires or leads you to new creation?
K: Most of the times it comes from something unexpected and very small. Almost hidden objects in the back of a drawer like the buttons of grandma, some needlework tools etc. These are things I immediately place in a new, bigger scale context and where I derive my designs from. The designs are like an ode to these forgotten, but beautiful objects.

D: Are there any materials or innovations that you would like to try in the future?
K: 3D lasering and scanning could be a very interesting technique for my work. This way you can think endlessly in forms and proportions.

D: Have you ever been to Japan? If you have, where was that and how did you like it?
K: Yes, Last year during Design Tide. I think Japan has a very beautiful culture and mentality and a natural way of great styling and aesthetics.

D: What do you think about Japanese tradition or cultural background from a design perspective?
K: I think Japanese designs have a very good feeling for material and structure and also for beautiful sober forms.

D: How do you describe the city of Eindhoven where your studio settles? In good and bad way?
K: Interesting about Eindhoven is the growing design scene and the fact that more and more designers set up their own company and become self producing and distributing. There's a big experimental feel about it. People are down to earth and everything feels low key, which is pleasant and very human. Less interesting is the architecture and amount of museums, galleries, markets etc.

D: Participating a couple of exhibitions this year, do you think that the reactions or opinions you got from people varied in each country?
K: Yes, for example the Italians are very emotional and feel attracted to different kind of designs then the Dutch or English for example. But in general people get moved by the designs, which is most important for me.

D: I guess you have some kind of affection toward foods as well as design, which aspect of food fascinates you?
K: The aspect that it's a combination of primary good and luxury good. You need it, 3 times a day, but you can make a (social) experience out of it.

D: Any advice or tip to young Japanese who are studying design and aim to be a designer?
K: Holland is a great country to experience the design mind for a certain period, it'll free your mind and help you to continue your personal goals in design and life.
posted by DL at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | interview

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。