Aug 20, 2008

Electrolux Design Lab 2008 : finalists


E-bag by Apor Puspoki




Vesta Cooktop by Matthias Pinkert


Strathosphere by Atilla Safrany

今年で6回目となる、家電メーカーのElectroluxが主催するデザインコンペ、Electrolux Design Lab 2008 のファイナリストが発表されました。

Electrolux Design Labでは、毎回テーマが定められます。今年は、25〜35歳くらいのインターネット世代を対象とした、食品貯蔵や調理、洗濯のための家電製品というテーマが課せられました。
今回のコンペには、49カ国から600以上の応募がありましたが、その中から9つの優れた作品がファイナリストとして選抜されました。アジアからの応募作品も健闘しており、9人のファイナリストのうち、3分の1を占める3人がアジアで学ぶ学生です。日本で学ぶ学生の作品もファイナリストに選出されています。
9人のファイナリストは10月にチューリッヒで開催されるセレモニーに招待され、当日には優勝者から3等までの上位入賞者の発表が行われます。

ファイナリストの作品の一部を簡単に紹介すると、E-bagは、ハンガリーの学生 Apor Puspoki がデザインしたポータブルの保冷バッグです。E-bagが優れているのは、バッグを持ち歩く際に発生する振り子運動を動力に換え、バッグを冷やすという点です。長時間持ち歩くほどエネルギーが蓄積され、決して保冷効果が落ちることがありません。
ドイツの学生 Matthias Pinkert によるVesta Cooktopは、使用しないときには壁に掛けておけるという調理台です。調理台には、RFIDタグというICチップを読み取る機能を持たせ、食材ごとの調理法など様々な情報を呼び出せるようになっています。
Strathosphereは、ハンガリーの学生 Atilla Safrany が考案した除菌機能を持つコートラックです。Strathosphereは、掛けたられたジャケットなど衣類の細菌を吸引し、次に着用するまでに消臭や除菌を行います。吸引はHEPAフィルターを通して行われ、部屋は紫外線によって殺菌されます。


以前の関連記事はこちらです。
Electrolux Design Lab 2008


posted by DL at 13:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | competition and awards

Aug 07, 2008

iF concept award 2009




ドイツ、ハノーバーの iF International Forum Design が、学生を対象としたコンペティション、iF concept award の作品募集を開始しました。

コンペの対象となるのは現在デザインを学ぶ学生と、卒業後2年以内の若手プロデザイナーの個人、またはグループです。応募作品は学生時代に考案したもので、2年以内に完成したプロジェクトに限られています。
iF concept awardは、6つのカテゴリーに分けられており、あらゆるフィールドでデザインを学ぶ学生が、エントリーできるようになっています。学生や若手のプロフェッショナルを対象としたコンペというだけに、いずれのカテゴリーへのエントリーも無料となっています。
6つのカテゴリーには、インダストリアルデザインやファッションデザインなどがありますが、そのなかで少しわかりづらいものに、time to market というものがあります。これはデザインと建築を対象としたもので、精巧さや実現可能性、実行の容易さなどに焦点をあてたプロジェクトを募っています。

応募作品は審査委員によってまず、300のノミネート作品に絞られ、その中から更に100の受賞作が選ばれます。受賞作品は2009年3月に開催されるCeBITで展示されるほか、iF International Forum Designのウェブサイトに無期限で掲載されます。

iF International Forum Designのオフィシャルサイトでは日本語版のコンペ詳細情報がダウンロードでき、また参加費も無料です。デザインを学ぶ学生の方や卒業後間もないプロフェッショナルの方は、是非チャレンジしてみてください。
コンペに参加するには2009年の1月5日までにオンライン登録する必要があります。その他の応募要件や詳細はオフィシャルサイトをご参照ください。
posted by DL at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards

Aug 05, 2008

IDEA 08


iPhone




MacBook Air

アメリカのデザイン推進機構、IDSA (The Industrial Designers Society of America)と、BusinessWeek Magazine によって開催されたデザインアワード、IDEA 2008(International Design Excellence Awards)の入賞者が先日発表されました。

IDEAは、1980年から続くデザインアワードで、以前は、Industrial Design Excellence Awards として知られていました。2007年からは、より国際色を強めるためにInternational Design Excellence Awards(イニシャルは同じ)と名乗っています。
アワードは、かつての名前のとおりインダストリアルデザインの色が濃く、 red dot や IF Design Award と同様に優れたプロダクトデザインを表彰するものとなっています。ただ、IDEAでは、各カテゴリーでコンセプトデザインのエントリーも受け付けており、応募作品を既製品に限っていません。また、学生のための Student designsや、Design Strategy、Research といったプロダクトだけを対象としないカテゴリーも設けられています。

IDEA 2008は、全17のカテゴリーに分けられており、約1,500のエントリーがありました。その中から35作品が金賞を受賞し、77の作品が銀賞を、93の作品が銅賞を受賞しました。カテゴリーによっては、金賞の対象者がいないものもあります。
今年から'Best in Show' という賞がスタートし、Communication Tools カテゴリーの金賞受賞作品であるアップルのiPhoneと、Researchカテゴリーの金賞を受賞したプロジェクトのSizeChinaが、このアワードを受賞しました。

アップルのiPhoneは、そのイノヴェーションと優れたデザインでこれまでに数々のデザインアワードを受賞していますが、IDEAでもやはり高い評価を得ました。
アップルの製品は、このほかComputer Equipmentカテゴリーで、Apple Wireless Keyboard とMacBook Air が金賞を受賞しています。

posted by DL at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards

Jul 30, 2008

Make Some Green Competition 2008



廃棄物を再利用したエコデザインを募集するコンペティション、Make Some Green Competition 2008 が、学生やデザイナーから作品を広く募っています。

Make Some Green Competition 2008は、アメリカのRhode Island、Pawtucket(ポータケット)にあるデザインスタジオ Keeseh Studio が主催するコンペで、エコフレンドリーな材質や製造過程、製品の大きな可能性と、近い将来に期待されるそれらの発展を人々に啓蒙する目的を持っています。
格段に向上した製造技術は、製品の大量生産を可能にしましたが、それは同時に、同量の資源や材質を消費しているということでもあります。ゴミとなってしまった資源をリサイクルし、次の製品の材質に利用しようというのが 'upcycling' という考えです。
コンペはこの 'upcycling' のコンセプトに基づいており、革新的なデザインを通して、環境保全と発展のバランスが取れた新しいサステナビリティを考えてゆこうというものです。

コンペは、Manufacuring Process、Products、Packaging という3つのカテゴリーに分けられています。Manufacuring Processは、廃棄物をいかに新しい材質として使用するか、またゴミや危害を最小限にする製造方法が求められます。Productsでは、廃資源を利用した美しく実用性のあるオブジェクトが、Packagingでは、廃資源を利用して埋立地へ送られる膨大な量のパッケージを最小限にする方法やパッケージングの潜在的な可能性への探求が、それぞれ求められます。

作品の応募期限は10/1までとなっており、入賞者には副賞として$1,000の賞金が授与される予定です。また応募作品は11/7よりロードアイランドのKeeseh Studioにて公開されます。
エントリーはコンペの公式サイトよりダウンロードしたエントリーフォームから行います。

公式サイト
Make Some Green Competition 2008
posted by DL at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards

Jul 15, 2008

design PARADE 03 : awards


Boites by Michel Charlot
photo : DR



Ventilateur by Julien Carretero
photo : Olivier Amsellem



Duplex by Constance Guisset
photo : Felipe Ribon


7/4〜7/6の3日間で開催された design PRADE 03 のプログラムのひとつ、young competing desiners に参加した8人のデザイナーから受賞者を選出するアワードの入賞者が発表されました。

Grand Prix(最優秀賞)を受賞したのは、スイスのECAL(Ecole Cantonale d'Art de Lausanne)に通う Michel Charlot です。彼には副賞として、the Manufacture nationale de Sevres(国立セーブル製陶所)での1年間のインターンシップ、Vitraワークショップへの参加権利、2009年のMaison et Objet Now!展での展示など様々なメリットが送られました。
SEB Design Prizeに入賞したのは、オランダの Julien Carretero です。彼はフランス、イギリス、オランダでデザインを学んでおり、2007年にDesign Academy EindhovenでMAを取得しました。現在はオランダのアイントホーフェンで活動しています。SEB Design Prizeの副賞として、Julien Carreteroには賞金10,000EURが送られました。
このほか、審査員の選んだ2つのアワード以外に特別賞として、フランスのConstance Guissetに Public Prize が授与されました。

受賞者を選出する審査委員は、デザイナーのKonstantin GrcicやJerszy Seymour、Ineke Hans、そしてルクセンブルグの美術館 Mudam Luxembourg の館長 Marie-Claude Beaud やLigne Roset 代表のMichel Roset など総勢12名が務めました。

以前の関連記事はこちらです。
design PARADE 03

posted by DL at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | competition and awards

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。