Mar 09, 2009

Andre Lefevre and Jean Aubert: Architecture of extinction


Villa in Gaou Benat


Villa in Gaou Benat


Pedestrian in Gaou


Villa A

photos (c) Olivier Amsellem


南仏 HyeresのVilla Noaillesで、建築家のAndre Lefevre-Devaux (1921- )と Jean Aubert (1924 - 2004)による建築作品を特集した展示会 Architecture of extinction が4/5まで開催されています。

プロヴァンス地方に位置するヴァール県では、近年、都会化が著しく進んでおり、外壁の色以外に違いの無いネオプロヴァンス風といわれるような建築物が乱立し、景観を乱しています。その中でAndre Lefevre と Jean Aubert の2人は、1950年代から風景と同格で環境に調和する建築物を作り続けてきました。
展示は、この2人の建築物に焦点を当て、彼らの建築メソッドを豊富な写真、設計図やスケールモデル、フィルムなどで紹介します。展示に使用される写真は全て、今回のためにマルセイユの写真家 Olivier Amsellemが撮影したものです。
展示で紹介されるのは大きく3つのプロジェクトで、コート・ダジュールにあるGaou Benatのヴィラ群、Lavandouの邸宅、Andre Lefevre本人のヴィラやVilla Aと呼ばれる海に面した邸宅が紹介されています。

Andre Lefevre と Jean Aubertが建築依頼を受けたGaou Benatのヴィラ群は、500以上の家々からなるコミュニティーで、その中にはLes Fourchesと呼ばれる集落も含まれています。これらの集落を建築するにあたって、周囲の環境をできるだけ破壊しないためのルールが、設計時より設けられました。まず丘陵のラインを変えないこと、邸宅の高さは4.5m以下にすること、そして木の伐採を最小限に抑えること。この厳格なルールのため、邸宅は木々に囲まれた丘の上に立つものが多く、テラスなど敷地内に大木がそびえているものも数多くあります。
Lavandouの邸宅も、Gaou Benatのヴィラ群と同様の原則に基づいて建てられていますが、こちらは18の邸宅からなるより小さなプロジェクトです。家々は、草木に囲まれた周辺の景観を破壊することなく建設されています。建物はある程度の制限を受けたものであるにも関わらず豊かで、Andre Lefevre と Jean Aubertのメソッドがいかに有効であるかを証明するもうひとつの具体例となっています。
Andre Lefevreのヴィラ Les Pins Blancs やVilla Aは海に面した邸宅で、コート・ダジュールらしさを注ぎ込んだ、岸壁の上にそびえる記念碑のような建築です。これらの邸宅は、眼下の地中海を臨み吹き抜ける風を受けるテラス、大きな木製フレームの窓など、立地を最大限に活かしたデザインになっています。Les Pins Blancs やVilla Aは、Andre Lefevre と Jean Aubertがコート・ダジュール一帯で手がけた700以上のヴィラの中でも代表作とされるもので、室内と室外、プライベートと公共、個人と集団といった対称物を結びつける手段としての建築を、自然の中のヴィラとして具現化したものです。
posted by DL at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Feb 26, 2009

See the Light


Pool by In Design
photo: In Design



Pole light by Paul Cocksedge


Archimedes Dream by Makoto Tojiki
photo: Makoto Tojiki



System X by Ross Lovegrove
photo: Yamagiwa


コペンハーゲンのDanish Design Centerで、See the Light という次世代の照明器具をテーマにした展示が、2009年の8/9までの会期で行われています。

現在、照明を取り巻く環境は大きな転換点を迎えています。例を挙げると、白熱電球はすでに禁止されている国があるように、徐々にその数が減らされており、代替となる電球が模索されています。このように、これまで生活の中で使われてきた照明は、まさに今変わろうとしています。
中でも新たな光源として注目されているのが、LEDやOLED(Organic Light Emitting Diode/有機発光ダイオード)などで、多くのデザイナーや建築家、メーカーなどがこれらを使った照明に取り組んでいます。
See the Lightでは、デンマーク国内外のデザイナーやメーカーなどによる、現代の最新技術を駆使した新しい照明器具をみることができます。これらの革新的な照明は、エネルギー効率がよく、CO2排出量やサステナビリティーの観点からも優れたものばかりです。日本からもIn Design や戸鋪 誠 氏が前衛的な照明で展示に参加しています。

See the Lightは、これまでのDanish Design Centerでの展示にはない大きな規模で開催されています。
展示では、デンマークに限らず世界中の照明産業の次世代を担う、新しい照明の可能性をみることができます。
posted by DL at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Feb 25, 2009

Behind the Scenes


by Ristomatti Ratia, 2008


by Kristiina Lassus, 1994


by Raimo Volanen, 1968


by Lisa Johansson, 1950s

photos: Kalle Kataila/Designmuseo


ヘルシンキのDesignmuseo(Design Museum)で、Behind the Scenesという展示が2/13〜4/5までの会期で開催されています。

Behind the Scenesは、1949年に設立されたSIOというフィンランドのインテリア建築協会の60周年を記念した展示会で、この60年間のフィンランドデザイン史の中で、あまり表に出ることのなかった家具のプロトタイプに焦点をあてています。
展示にはテーブルやランプ、キャビネットなど有名、無名を問わず様々な作品が並びますが、とりわけイスに力点が置かれています。作品が作られた年代も50年代から90年代、最近のものまで広範囲にわたります。
この展示を開催するにあたって、100以上の作品が展示の候補となりましたが、デザイナーのPasi Pankalainen、Jarvi&RuohoのTeemu JarviとHeikki Ruoho、建築家Eeva Lithoviusによって、最終的に50ほどの作品が選定されました。Jarvi&Ruohoは、展示の構成も担当しています。

多くのプロトタイプやサンプルは、生産技術や商業上の理由から製品化に至らず、市場に出ないことがほとんどです。しかし、家具工場や工房で製作されたプロトタイプは、非常に興味深く、また、デザイナーの個性的な作品であることには変わりありません。Behind the Scenesは、これらの作品に焦点をあて、製品化という日の目を見ずにシーンの裏側に隠れてしまっていた、フィンランド家具のプロトタイプを集めたユニークな展示です。
posted by DL at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Jan 29, 2009

Tokyo Takushii









ストックホルムのギャラリー Designgalleriet で、2/4〜2/14までの期間、Claesson Koivisto Rune (CKR)によるTokyo Takushii という展示が行われます。

CKRの3人は、度重なる東京訪問時に撮りためてきた数百枚の写真のなかから10枚のタクシー写真を選び、そこからインスパイアされたグラフィックパターンやカラーを用いて10種類以上のラグをデザインしました。
ラグはスウェーデンのAsplundによってリミテッドエディションとして製作されています。
これまで西洋は日本に多大な影響を与えてきましたが、今度は逆に西洋が日本から影響を受ける番であり、それがデザイナーとしてとても新しく感じられエキサイティングであるとCKRは言います。
彼らの選んだ10枚の写真を見てみると、確かに各社のペイントは様々で、インスピレーションに満ちています。これまでにも多くの日本文化が西洋に渡ってゆきましたが、タクシーというのはユニークで意外性があり新鮮です。

Tokyo Takushii
2/4 - 2/14
Designgalleriet
Odengatan 21 Stockholm
http://www.designgalleriet.com
posted by DL at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Jan 07, 2009

Alan Aldridge - the Man with Kaleidoscope Eyes







イラストレーター、Alan Aldridge のイギリス初の回顧展となるAlan Aldridge - the Man with Kaleidoscope Eyes が、ロンドンのDesign Museum で開催されています。

イラストレーターでありグラフィックデザイナーであるAlan Aldridgeは、サイケデリックの祖として知られており、60〜70年代に多くの色彩豊かで個性的な作品を世に輩出してきました。
Aldridgeは、60年代からPenguin Booksのアートディレクターとしてブックカバーを手がけていましたが、後にビートルズやローリングストーンズらのカバーアートなどを発表するにつれ、そのヴィヴィッドで幻想的な作品は時代のツァイトガイストを巧にビジュアル化、要約したものであると高い評価を得ました。
ブルージーンズを穿いたオーブリー・ビアズリーとも評されるAldridgeは、the Butterfly Ball などの作品で児童書の分野でも優れた才能を発揮し、シリーズはベストセラーとなっています。また、彼はHard Rock Cafeのロゴマークを考案したことでもしられています。

展示は、彼のイラストやスケッチをはじめフィルムなど数多くの資料を出陳し、Alan Aldridgeのドラマチックな作品と功績、魅力を包括的に伝えます。


Alan Aldridge - the Man with Kaleidoscope Eyes

10 October 2008 - 25 January 2009
Design Museum London
Shad Thames, London SE1 2YD
10:00 - 17:45 (daily)
+44 870 893 9955
www.designmuseum.org
posted by DL at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。