Nov 05, 2008

novelax PREVIEW 2008




Pins, PRL01 by Wataru Kumano


Floating Flower by studio note


Stones by PRODUCTIVE MIND

ヨーロッパで出会ったという6組の若手クリエイターによるプロジェクト novelax の展示会、novelax PREVIEW 2008 が、10/31〜11/9まで開催されています。

novelaxは、オランダで学んだstudio note 、能登夫妻、FormlessDesignが、クリーター主導の展示会プラットフォームとして2007年に結成したもので、同年より2008年にかけて都内をはじめ国内各地で多数の展示会を開催してきました。
今回のnovelax PREVIEW 2008では、メンバーに PRODUCTIVE MIND、熊野 亘、鈴木 佐知子 が新たに加わり、より一層充実した内容の展示となっています。会場に並ぶそれぞれの作品は非常にクオリティーが高く、ヨーロッパでデザインを学んだクリエイターらしいシンプルでクリアな作品が多く見られます。

novelaxは、自らの展示を"クリエイター主導のコンパクトなデザイン展"と評していますが、まとまりのとれた空間とその内容は非常に充実しており、大規模な展示以上の密度とポテンシャルが感じられます。


novelax PREVIEW 2008

参加クリエイター

PRODUCTIVE MIND
熊野 亘 (Wataru Kumano)
鈴木 佐知子 (Sachiko Suzuki)
studio note
FormlessDesign
能登夫妻 (Noto Fusai)


会期: 10/31(金)〜11/9(日)
時間: 11:00-21:00(11/9のみ〜18:00)
会場: 東京都港区南青山5-4-26-2F
   東京メトロ「表参道」駅 B1出口 徒歩5分。
   骨董通り沿い、ポプラ隣りシガーバー2F
入場: 無料
posted by DL at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Oct 31, 2008

DesignTide Tokyo 08




C.F.S by Riki Watanabe


Trestle by TAF


designed by Kousuke Tsumura

東京の最も大きなデザインイベントのひとつ、DesignTide Tokyo が10/30〜11/3までの会期で開催されています。

今年で4回目となるDesignTideは、インテリアやプロダクト、建築、グラフィックなど幅広い分野のデザインをクリエーターたちが発表するデザインイベントです。
DesignTideは、大きくTIDE Exhibition、TIDE Market、TIDE Extensionの3つのコンテンツからなります。TIDE Exhibitionは、六本木の東京ミッドタウン・ホールを会場に参加クリエーターが新しい創作とアイデアを発表するDesignTideの核となる展示です。
デザイナーが直接来場者に作品を販売する TIDE Market もまた、メイン会場となる東京ミッドタウンホールで開催されています。デザイナーは来場者の反応をダイレクトにリサーチすることができ、来場者はデザイナーから作品の背景や詳細を直接聞くことができる貴重な場となります。
TIDE Extensionは、都内各地で開催される45のサテライト展示からなり、六本木、青山、原宿、渋谷などのエリアを中心にギャラリーやショップで多彩なプログラムが開催されています。

この季節は様々なデザイン関連のイベントが開催され、東京の街全体がデザインに彩られます。その中でも、DesignTideは、東京を中心とする新しいデザインやアイデアの大きな受け皿としての役割を果たし、ビジネストレードだけが目的の見本市とは少し違った角度からデザインというものに取り組んだデザインイベントとして、ひときわ大きな存在感を放っています。

画像はメイン会場で開催されているTIDE Exhibition出展作品の一部です。
posted by DL at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Oct 30, 2008

prototype EXHIBITION 02


spiral lamp by Chris Kirby


MANTA by Shigeichiro Takeuchi


hoop/pool/loop by In design


ELLIPSE LIGHT by Keiji Ashizawa

今年で2回目となる prototype EXHIBITION が10/30〜11/3までの5日間、五反田の5TANDA SONICで開催されます。

prototype EXHIBITION は、建築デザイナーの芦沢 啓治 氏が2007年にスタートさせた企画展で、会場にはプロダクトや家具、建築など様々なジャンルのデザイナーが製作したプロトタイプが一堂に会します。作品のプロトタイプやその製作過程などから、デザイナーのアイデアや思考方法を読み解くことが、展示の焦点となっています。
今回のprototype EXHIBITIONは、アップカミングなデザイナーからベテランデザイナーまで総勢30組の参加者による作品が会場内にひしめき、非常に豪華で見ごたえのある展示となっています。
prototype EXHIBITION は年々多くの人々の注目を集めており、その証に10/29に行われたオープニングパーティーには、会場に入りきれないほどの来場者が集い、その熱気に会場が溢れかえりました。

参加デザイナー

Keiji Ashizawa
AN Architects
Ryoko Ando
In design
Izumi Okayasu
Shinya Katsumata
Kentaro Kudo + Maki Kato
Akihiro Kumagaya
Chris Kirby
Miki Sakai
Katsuhiro Shimizu
studio note
Shigeichiro Takeuchi
Thomas Antonietti
Drill design
Ben Nagaoka
Niimi Office
nosigner
Jun Hashimoto
VINTA
Masafumi Sumiyoshi/FARO DESIGN
MicroWorks
MILE
Naoya Misawa
Makoto Yamaguchi
Yuichi-ro Yamanaka
Shin Yokoo
Leif. designpark
Yoshinori Watanabe
INAX

prototype EXHIBITION 02

会場: 5TANDA SONIC
会期: 10/30〜11/3
時間: 11:00〜19:00
入場: 無料
主催: プロトタイプ実行委員会
協賛: INAX、丹青社

詳細はprototype EXHIBITION 公式サイトでご確認ください。
posted by DL at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Oct 24, 2008

DeLuxe? Exhibition




DesignLuxeが主催となる展示会、DeLuxe? Exhibition が10/30〜11/3までの5日間、六本木のGallery EGGで開催されます。

DeLuxe? Exhibition では、本当の「デラックス」とはなんだろうかというテーマのもとにヨーロッパと日本のアップカミングなクリエーター8組が梱包資材のプチプチⓇを使用して作品を製作します。
「デラックス」という単語は、一般的に高価で特別なものを連想させますが、身近にある馴染みのある素材もデザインという付加価値を加えることによって十分に満足のゆく「デラックス」なものになるのではないかという試みがこの展示のコンセプトです。
8組のクリエーターによる作品は、家具や照明、ドレスなど、日常の生活を豊かで楽しいものにしてくれるものばかりで、全ての作品はプチプチⓇをマテリアルのひとつとして使用しています。
DeLuxe? Exhibition は、作る側と見る側の双方が、金銭的な価値にとらわれない生活の豊かさについて再考するインタラクティブな展示会となっています。

DeLuxe? Exhibition は、DesignTide Tokyo 2008のサテライトサイトとして、TIDE Extensionに参加しています。

参加クリエーター
Hannes & Max Gumpp (Germany)
Hiroshi Kawano (Japan)
Katrin Sonnleitner (Germany)
MicroWorks (Japan)
mori & mimosa (Sweden)
nosigner (Japan)
studio note (Japan)
Yuniic (Switzerland)


DeLuxe? Exhibition

会期: 10/30(木)〜11/3(月)
時間: 11:00〜19:00 *11/3のみ17:00まで
会場: Gallery EGG (乃木坂)
主催: DesignLuxe
協賛: 川上産業株式会社
   Gallery EGG by Mushroom Co. Ltd.
入場: 無料

レセプションパーティー
日時: 10/31(金) 17:00〜20:00
会場: Gallery EGG


posted by DL at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

Oct 20, 2008

PASSIONSWEGE 2008


Guardian of Light by Susanne Philippson


Waterproof-Onion by Maxim Velcovsky


Pyllon by Nicole Aebischer


Morning Post by Megumi Ito

all photo: kollektiv fischka/fischka.com


Neigungsgruppe Designが2006年にスタートさせたデザインプロジェクト PASSIONSWEGE (paths of passion)は、今年で3回目を迎え、2007年からはVIENNA DESIGN WEEKのコアプログラムのひとつとしてオーストリアのデザインシーンを盛り上げています。

今回のPASSIONSWEGEには、オーストリアから5組、海外から5組の計10組のデザイナーたちが参加しました。10組のデザイナーは、Passionsweg1、2、3と大きく3つにわけられ、ウィーン市街の各所でそれぞれのインスタレーションを行いました。

Passionsweg 1
Maxim Velcovsky(cz)/ Qubus Design at J. & L. Lobmeyr
Nicole Aebischer(ch) and Wiener Silberschmiede at Lobmeyr
Gregor Eichinger(a) at Naber Kaffee

Passionsweg 2
Marco Dessi(a) at Augarten Porcelain Manufactury
Bartosz Mucha(pl)at S. Reiter household goods / Cafe Einfahrt
Steffen Kehrle(d) at Jenner & Zopf instrument makers
EOOS(a) at Song

Passionsweg 3
Susanne Philippson(d) at  Wittmann furniture makers
Susanne Lippitsch(a) at A. E. Kochert jewellers
Megumi Ito(a) at  Altmann & Kuhne confectioners


以前の関連記事はこちらです。
VIENNA DESIGN WEEK 2008

posted by DL at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。